音更町のナガイモ

北海道にある菓子の町・音更町。

道東・十勝エリアの農業盛んな所。

広い土地で大量の農作物を作る。

ナガイモもなかなかの生産量で、

音更名物の一つになっている。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ナガイモ・ユリ根

市町村紹介

音更(おとふけ)町

北海道の東側、十勝エリアの町。

帯広市の北に隣接する。内陸。

境目になっているのは十勝川。

十勝平野のほぼ真ん中。

広大でなだらかな土地を利用した

大規模農業が盛んな町。

その生産量もかなりのもの。

大量の農作物の集積が行われ、

それに伴い加工業も発達。

原料つながりで有名菓子店の

工場も置かれている。

帯広市に接するということもあり、

南部では市街地も発達する。

特徴的な温泉もあるよ。

黒い温泉、モール温泉。

音更といえば農業

音更町は農業が盛ん。

その生産量もものすごい。

小麦&小豆で日本一の生産量、

ニンジンも北海道トップ。

砂糖の原料となるテンサイも多い。

生産量は万トン単位が普通な所。

ジャガイモやタマネギなども作る。

土地が広く、水利もしっかりしていて、

日の光もたっぷりな場所なので、

もう農業に向いてしょうがない。

ちなみに夏の昼は暑く夜は涼しめ。

冬は当然ながらかなりの寒さ。

北海道の内陸よりって感じの気候。

音更とナガイモ

音更町で作られるメインどころの

農作物に比べれば、かなり少ないが、

ナガイモも作られている。

年間で3,000トンほどが作られる。

道内トップ3が1万トン越えなので、

少し離されるが、十分に名産地。

音更でナガイモ栽培が本格的に

始まったのは、昭和の終わりごろ。

ナガイモの他、アスパラガス・

カボチャ・ブロッコリーなども同時期。

輪作で作られる基幹作物だけでなく

色々な農作物を作れた方が、

国際化も進む不安定な市場の中で

多少の保険にもなる。

輸送・保存技術も進歩し、

遠く首都圏へも出荷可能になり、

売れる作物を作れた方がいいし。

北の大地とナガイモ

ナガイモは大規模農業に向く。

土を深く掘り、収穫期には

また深く掘る必要がある。

人力では無理なので、重機を使い

土木工事のようにやる。

連作障害もあるので、広い土地を

使って回す輪作がマッチする。

大規模で輪作といえば、

日本でできるのは北海道くらい。

そんなわけで北海道は

ナガイモの産地として成長した。

音更も産地の一翼を担う。

音更ブランドの一つとしてがんばり、

帯広のナガイモブランドには

静観の構え、のご様子。

音更産の小麦や小豆を見かけたら、

ナガイモもあったなーと

思い出してくださいな。

外部リンク

JAおとふけ

特産品や地域農業の紹介

音更町

自治体公式サイト

音更町十勝川温泉観光協会

観光、イベント、グルメなど

とかち晴れ

十勝広域の観光情報

Google 検索

「音更町 ナガイモ」

Google マップ

「音更町」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ナガイモ・ユリ根

タグ: ,