洞爺湖町のナガイモ

北海道観光でも有名な洞爺湖。

湖を中心に温泉が豊富にあり、

海もすぐ近くなところ。

農作物の生産もかなり盛ん。

ナガイモの生産も行われている。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ナガイモ・ユリ根

市町村紹介

洞爺湖(とうやこ)町

北海道・道央の胆振エリアにある。

火山活動でできた湖、洞爺湖の

北西側半分を占める町。

反対側は壮瞥町。

有珠山・昭和新山がそびえる

現役の火山地帯。

温泉という形で恩恵を受けている。

かなり昔から観光地として名高い。

湖観光&温泉でゆっくり、に加えて

噴火湾(内浦湾)にも接していて、

海も楽しめる。

道内では穏やかな気候の場所で、

野菜を中心に農業が盛んでもある。

その品数も豊富。

ホタテの養殖も行われていて、

ウニやカレイなども獲れる。

洞爺湖とナガイモ

火山エリアの洞爺湖周辺。

周辺の土壌は、火山活動の

噴出物が多く含まれる。

いわゆる火山灰質の土壌。

密度の低いフカフカな感じで、

排水性も高いのが特徴。

ジャガイモやダイコンなどの

根菜類栽培に向いた土。

ナガイモも土の中で育つ野菜。

そんなわけで、洞爺湖周辺も

ナガイモの産地となっている。

年間生産量で1,000トンほど。

道内でいえば8位くらい。

上位に比べれば少ないが、

まあ他にも色々作ってますし。

洞爺湖でナガイモ作り

そこまで広い耕作地が

ある場所ではないが、

湖の北西を中心に畑作が行われる。

ナガイモは栽培が結構大変。

土の中で育つのが主な理由。

植える前に深くまで耕し、

掘るときは土をどける必要がある、

しかも1mほども。それを何百本と。

また、連作障害が出る野菜なので、

輪作のできる場所がいい。

葉もの野菜なんかの方が

楽なんだろうけどがんばってます。

作物をローテーションする輪作なので、

ナガイモ作って深く土を耕し、

次の野菜栽培につなげる、

という機能もあるし。

秋に収穫されたナガイモは、

JAとうや湖の名物である

雪蔵野菜貯蔵施設で保存。

自然な冷たさの中で出荷を待つ。

秋に収穫せずに、

畑の土の中で冬を越し、

雪解け後に収穫する春掘りも

行われている。

熟成されて味わいもアップ。

食べるぞナガイモ

人気観光地・洞爺湖なので、

ある程度は地元消費も可能。

保存性が高いので、

ほぼ年中提供できるのも強み。

洞爺湖行ったらナガイモ、

というぐらい推しても良いと思われる。

ナガイモの他にも、ジャガイモ・

ニンジン・ダイコン・キャベツ・レタス・

セロリ・トマト・菜豆類・

イチゴ・ブドウ・リンゴなどなど、

色々な農産物を作っている地域。

肉牛生産や養豚業、

酪農業も行われ、さらに

海の幸も手に入る。

食材の多さは北海道でも有数。

ナガイモと他食材を組み合わせた

グルメ展開にも期待したい。

まとめると

北海道・洞爺湖町は観光地として

有名な所だが、豊富な農産物も名物。

その一つ、ナガイモは地域の特徴、

火山灰質土壌にマッチしたもの。

根菜・葉茎菜・フルーツ・お肉・

乳製品・水産物などとともに、

洞爺湖グルメを盛り上げる。

外部リンク

JAとうや湖

地域農業や特産情報など

洞爺湖町

自治体公式サイト

洞爺湖温泉観光協会

温泉を中心に観光情報いろいろ

Google 検索

「洞爺湖町 ナガイモ」

Google マップ

「洞爺湖町」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ナガイモ・ユリ根

タグ: ,