奈井江町のユリ根

北海道・空知エリアにある奈井江町。

町の西側は石狩平野北部。

川沿いの平野ではお米作りが盛ん。

食用ユリ根も作られていて、

町の名物としてお菓子に活用される。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ナガイモ・ユリ根

市町村紹介

奈井江(ないえ)町

北海道・道央・空知エリアの

真ん中にある内陸の町。

石狩平野の北部、町の西は石狩川。

札幌と旭川を結ぶルートの途中。

砂川市・浦臼町・美唄市と隣接。

東に富良野もあるが山に隔たれる。

石炭の町として栄えたが、閉山。

平野が多く、お米作りが農業の中心。

奈井江の名物

奈井江は川沿いの土地で

お米が中心の農業スタイル。

野菜の生産は小規模。

その中で名物といえるのが、ユリ根。

食用になるユリ根のこと。

ほぼ北海道でだけ作っている食材。

道内に産地がいくつかあるが、

奈井江町もその一つ。

ユリ根は出荷までにかかる期間が

6年ほどもかかる作物。

植え替え、つぼみ取りと

世話する必要もある。

しかも病害虫に弱く、

連作障害も出やすい。

大変なので栽培から

手を引いてしまいがちだが、

奈井江では栽培が続いている。

収穫時の品質の高さが

商品としての価値を決める。

最初の小さな球根を育てる段階で

ウイルスフリーのものを使い、

健康に育つ土台とする。

数年にわたる栽培の中、

畑を替え、手入れを受けつつ

徐々に大きくなっていく。

しっかりと育てたユリ根は、

大きく白く、ハリもある感じ。

土を除けば光沢のよさもわかる。

鱗茎タイプのユリ根、はがした

リン片も一枚ずつが厚い。

みっちり肉質で、火を通せば

ホクホクでねっとりな食感。

ユリ根特有の香りもしっかり。

栽培が大変なので、

どんどん作っていこう、とは

出来ない農作物なので、

しっかりと高い質を維持し、

奈井江の名物として

ふんばっていただきたい。

お菓子も作ろう

特産品があるなら、

お土産もつくろう、が定番。

ユリ根は加熱により、

ジャガイモやニンニクのような

しっとりねっとりホクホクな食感の

食べ物となる。

料理向けだけでなく、

アンとしてお菓子にも使える。

ユリ根をアンにして作ったのが、

「ゆり根どら焼き」。

ユリ根のアンと小豆餡のダブル構造。

食感や香りの違いを判別するため

分解して食べるのも良い。

アンといえば、まんじゅう。

ユリ根まんじゅう、も作っているらしい。

北海道旅行で札幌から旭川へ

移動される際には、ちょいと

立ち寄ってユリ根なお菓子で

休憩してみてはいかがだろうか。

一応、奈井江はお米とユリ根の他、

メロンやトマトも作っているので、

そちらも見かけたら食べてみて。

外部リンク

JA新すながわ

奈井江を含む広域JA

奈井江町

自治体公式サイト

奈井江町商工会

お店や観光情報など

奈井江町観光協会

特産品や観光マップ

Google 検索

「奈井江町 ユリ根」

Google マップ

「奈井江町」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類ナガイモ・ユリ根

タグ: ,