他エリアのテンサイ

北海道の名物といえるテンサイ。

砂糖に加工され日本各地で活躍。

十勝とオホーツクが主産地だが、

道内の他エリアでも作られている。

多めな所を中心にいくつか紹介。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類テンサイ

ほぼ北海道全域で栽培

砂糖の原料となるテンサイ。

日本では北海道でだけ作られる。

その北海道内でも産地は偏り、

十勝とオホーツクが大部分を占める。

2エリア合計で、85%ほど。

割合は低いが、他エリアでも

テンサイは作られているので、

軽く紹介していく。

上川エリアのテンサイ

エリア別で、十勝・オホーツクに次ぐ

生産量なのが、上川エリア。

旭川や富良野があるところ。

エリア合計で、21万トンほどを生産。

帯広市の生産量と同じぐらい。

美瑛町がトップで、7万トンほど作る。

美瑛も大規模な輪作を行う所。

テンサイも基幹作物として

たくさん作られている。

色とりどりの畑が名物の一つ。

秋でも緑な畑はテンサイかも。

上川エリア南側の

富良野周辺でも生産される。

こちらも大規模農業が盛ん。

地域で合計すると、

6万トン以上のテンサイを作る。

エリア北部にある士別市も

農業が盛んで、輪作を行う。

テンサイも3万トン以上作られる。

市内には、日本甜菜製糖の

士別製糖所も置かれていて、

周辺からテンサイを集め

砂糖やオリゴ糖商品などに加工する。

その他のエリア

胆振エリア

安平町 25,000トン、

伊達市 22,000トン、

厚真町 18,000トン、

洞爺湖町 17,000トン、といった感じ。

伊達市は北海道で初めて

製糖が行われた場所。

今も北海道糖業の工場がある。

後志エリア

倶知安町 24,000トン、

留寿都村 16,000トン、

真狩村 13,000トン、

京極町 12,000トン、な感じ。

羊蹄山周辺の自治体が多め。

ジャガイモ・ダイコン・ユリ根など

根菜が豊富な地域となっている。

石狩エリア

千歳市 36,000トン、

恵庭市 13,000トン、が多め。

札幌の近くでも作られている。

旅行の際に見に行くのもあり。

他に、空知エリア、渡島・檜山エリア、

釧路・根室エリア、日高エリア、

留萌エリアでも少しずつ

テンサイは作られている。

一番北にある宗谷エリアは、

寒さと地形のため、生産は無し。

個人的には作る人もいるかも。

外部リンク

北海道

北海道庁の公式サイト

GoodDay北海道

北海道広域の観光情報

ホクレン

日本甜菜製糖株式会社

北海道糖業株式会社

北海道のテンサイで砂糖を作る

Google 検索

「北海道 てん菜」

Google マップ

「北海道の辺り」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類テンサイ

タグ: , , ,