北海道のニンニク

北海道は昔はニンニクの産地だった。

安い中国産に押され、いつしか

栽培されなくなってしまった。

近年、産地として復活の兆し。

これからに期待の名物候補。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類その他の根菜

ニンニク

臭いがきつい食べ物の代表格。

中華料理や西洋料理によく使われ、

食文化が多様になった日本でも

その消費量が増えている。

世界的には中国の生産量が多く、

8割を占めるほど大きい。

国内産では青森県が強い。

栽培面積の7割以上、

出荷量の8割以上を占める。

他に香川県や北海道、宮崎県などが

産地だが、それぞれが少ない。

産地だった北海道

北海道は元々、ニンニク産地。

在来種を中心に生産されていた。

北海道の在来ニンニクは、

薄皮がピンク色なのが特徴。

品種名「富良野」で登録された

ニンニク品種もある。

寒さに強めなのが共通した強み。

しかし、中国から安いニンニクが

輸入され始め、次第に作るのが

割りに合わなくなり、

ほとんど生産されなくなった。

北海道に替わって

国内で台頭したのが青森。

栽培技術を蓄積、機械化を進め、

高い質のニンニクを作るようになり、

面積も拡大し、一大ブランドに成長。

北海道のイメージの中に

ニンニクは含まれなくなった。

また、ニンニクといえば

真っ白いイメージにもなった。

復活なるか北海道ニンニク

近年、北海道各地で

ニンニクの生産が復活傾向。

他の作物も作る農家にとって、

夏に収穫されるニンニクは、

秋収穫の作物と競合しづらい。

出荷できる作物が複数あると

経営の安定化につながる。

天候や価格変動などありますし。

連作には強めだが、輪作で

畑の土壌バランスを整えた方が

病害虫の心配が少ないため、

北海道で行われる輪作にも合う。

広い土地を使った輪作、

畜産業からの堆肥の活用、など

青森のニンニクとは違った

北海道型のニンニク生産を確立し、

産地として成長していきたい。

やることいっぱい

とはいえ、なかなか前途多難。

農業は積み重ねが重要。

地域により土壌や気候も違い、

そこに合ったやり方が

年を経て出来上がっていく。

忘れられてしまうと

再び得るのがかなり難しい。

品質・収量の向上・安定に向けた

北海道各地での栽培技術蓄積、

既存作物とのバランスを考えた

生産スケジュールの組み直し、

栽培面積の拡大と効率化・機械化、

などなど作るだけでも色々ある。

収穫後も色々あるのがニンニク。

乾燥には2~3週間ほどかかる。

芽や根が出てきてしまうので、

出荷時期を伸ばすためには

低温保存や熱処理の施設も必要。

産地としての規模がないと、

収穫後の効率化も難しい。

あとは、まあ、くさい。

そしてブランド化、認知度アップ。

出荷先や価格に大きく関わる。

安定した出荷量と品質を

継続することで得られるもので、

一朝一夕では難しい。

ニンニク界での青森の存在感は

ものすごいが、そこは農業的な

ポテンシャルは十分の北海道。

北海道らしいニンニクを作り、

新たな名物としていきたい。

市場を席巻するニンニク品種の

「ホワイト六片」とは違った、

ピンク色の在来種も持つ北海道。

知名度アップや品種改良などに

つなげていけるか。

色々な料理に使えるので、

地元グルメなどにも活用できそう。

ニンニク産地・北海道として

今後の成長・拡大に期待。

道内産地

北海道の中でも

ニンニクを作るところは、

各地に点在している。

ささっと紹介。

(十勝エリア)

清水町「十勝清水にんにく」

JAでにんにく部会を作り、

ニンニク産地の形成を目指す。

町の畜産業から出る堆肥を活用し、

健康な畑づくりを行う。

乾燥貯蔵施設も持っている。

熟成加工の黒にんにくも作っている。

芽室町の「ファームミリオン」、

帯広市の「トヨニシファーム」、でも

ニンニク生産と黒ニンニク加工を行う。

(オホーツクエリア)

北見市・常呂

今は北見市の一部となった

オホーツク海に面する旧・常呂町。

その常呂で古くから栽培されてきた

在来種のニンニクは、薄皮がピンク。

なので「常呂ピンクにんにく」。

栄養価も高い自慢の一品で、

医療用・製薬用の原料にもなるとか。

産地としてブランド化を目指す。

(石狩エリア)

江別市の野幌地区でも

ニンニクを生産し、市の新しい

名物にしようとしている。

自前で黒ニンニク加工も行い、

名物力をアップさせつつある。

(後志エリア)

赤井川村に「赤井川にんにくクラブ」

というのがあり、有機にこだわった

ニンニク栽培を行っているらしい。

広い北海道だし、ニンニクを

作っている所は、他にもありそう。

外部リンク

wikipedia ニンニク

ニンニクについて色々

JA十勝清水町

ファームミリオン

トヨニシファーム

JAところ

JA道央(江別市・野幌を含む)

JA新おたる(赤井川村を含む)

道内のニンニク産地

Google 検索

「北海道 ニンニク」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物根菜類その他の根菜

タグ: , , , , , ,