道内キャベツ産地

北海道の各地で作られるキャベツ。

和寒・幕別・伊達が多いが、

他にも色々な所で作っている。

エリア別にざっくりと紹介。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜キャベツ・ハクサイ・レタス

北海道キャベツ

北海道のキャベツ作りは、

突出して多いエリアは無く、

各地で作られるイメージ。

上川・十勝が1万トン弱、

胆振7,500トン、石狩5,000トン、

オホーツク・空知・渡島&檜山が

4,000トン前後、といった感じ。

スーパーなどで目にするキャベツ、

だけでなく、

お店での料理や冷凍食品にも、

かなりの量が使われている。

なので、気づかないうちに、

北海道キャベツを食べているかもね。

各エリアごとにざっくりと紹介。

トン数は目安程度で。

上川エリア

旭川市や富良野市があるとこ。

越冬キャベツ産地・和寒町を抱え、

道内でもキャベツ生産の多いエリア。

エリア北部で多く作られる。

和寒町

道内有数産地。5,000トン。

和寒町のキャベツ

東川町

旭川市の東、ダイコンも産地。

大雪山の山麓の畑は涼しく、

キャベツ生育にも良さげ。1,600トン。

剣淵町

和寒町の隣。こちらでも雪の下で

保存したキャベツを出荷している。

1,300トンほど。

名寄市

もち米、アスパラ、な名寄。

大規模系な小麦やジャガイモに混じり

キャベツも900トンほど作られる。

士別市

羊のサフォーク種が活躍する所。

ここも農作物が色々&豊富。

キャベツは500トンほど作られる。

美深町

カボチャ産地の美深。

キャベツも作る。500トン。

雪中貯蔵も行っている。

十勝エリア

日本有数の農業エリア。

複数の作物で日本一の産地。

キャベツの生産もなかなか。

輪作が大々的に行えるのも、

連作に弱いキャベツには良い。

幕別町

道内有数産地の一つ。4,500トン。

幕別町のキャベツ

芽室町

帯広市の西隣。輪作盛んな地。

スイートコーンで日本一。

キャベツも2,100トンほど作る。

鹿追町

エリア北部。ソバもある鹿追町。

キャベツも多く作られていて、

収穫まで機械化を推進。2,000トン。

更別村

エリア南の農業国。800トンぐらい。

海にも近く、冷涼な気候で、

涼しさを好むキャベツにも良し。

胆振エリア

北海道の南西方向、

噴火湾の東側なエリア。

気候が穏やかでキャベツの

ロング出荷も可能となる。

伊達市

道内有数のキャベツ産地。4,500トン。

伊達市のキャベツ

むかわ町

シシャモで有名な町。

キャベツ産地でもある。

道内でも上位に入る2,300トンほど。

シシャモをキャベツで巻く漬物も。

洞爺湖町

洞爺湖周辺も色々な野菜を作る所。

キャベツも作られる。500トン弱。

石狩エリア

大消費地の札幌を持つ石狩エリア。

大きめ重めなキャベツを作り、

出荷するのに良い立地。

石狩鍋の具材の一つでもある。

恵庭市

札幌市の隣。市街地化も進むが、

農業がまだまだ盛んな地。

キャベツも2,300トンほど出荷。

千歳市

空港でおなじみ。キャベツも作る。

飛行機からキャベツ畑が見えるかも。

1,100トンほどを作る。

北広島市

札幌市の南東。小さめ市だが、

キャベツの生産は多め。700トン弱。

広島なお好み焼きにどうぞ。

江別市

札幌市の東にある。

ベッドタウン的な顔が強いが、

キャベツも700トン弱を作る。

当別町

札幌の北、海にも近めな町。

お米や花に続き、キャベツも

700トンほどが作られる。

オホーツクエリア

北海道北東部の海沿いエリア。

南東部は大農業地帯。

小麦・ジャガイモ・テンサイがメイン。

輪作盛んな地&かなり涼しい、

ということでキャベツに良い感じ。

鮭のちゃんちゃん焼きにも。

斜里町

知床半島の北西側にある町。

加工・業務向けのキャベツの生産が

行われ、3,000トンほどを出荷する。

美幌町

農業盛んな内陸の町。

涼しく、キャベツの長期出荷OK。

生食・加工、どちらも作る。2,000トン。

空知エリア

石狩エリアの東、内陸な空知。

お米の産地が多いが、転作で

キャベツを作るところもある。

排水性の向上がカギですな。

南幌町

エリアトップの2,500トンほどを出荷。

キャベツキムチも町の名産品。

どでかいかき揚げ丼もある。

岩見沢市

お米を始め色々な作物を作る。

キャベツも1,000トンほど生産。

ハクサイも作っている。

長沼町

こちらも種類豊富な農作物を作る所。

目立たないが、キャベツも

500トンほどが作られている。

渡島・檜山エリア

北海道の南西。

大きめなキャベツなので、消費の多い

本州へ近いというだけで有利。

函館市

イカや昆布が名物の函館。

実はキャベツも名物で、生産量は

2,600トンほどと、道内でも上位産地。

加工・業務向けの冬キャベツに

力を入れる。生食用もある。

亀田地区では「雪の下大根」が有名、

キャベツも雪で保存したものを出荷。

北斗市

函館の隣の北斗市もキャベツ産地。

1,000トンほどを作っている。

こちらでも雪保存キャベツがある。

厚沢部町

メークインの発祥地として有名。

作る野菜の種類を増やしていて、

キャベツにも力を入れる。1,000トン。

外部リンク

キャベツ|やさい百科|きたやさい

ホクレンによる北海道キャベツ紹介

北海道庁

道庁の公式サイト

GoodDay北海道

北海道全体の観光情報

Google 検索

函館市 キャベツ

南幌町 キャベツ

斜里町 キャベツ

むかわ町 キャベツ

恵庭市 キャベツ

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜キャベツ・ハクサイ・レタス

タグ: , , , , ,