幕別町のレタス

北海道・十勝エリアの幕別町。

レタスで北海道トップの生産量を誇る。

十勝平野の活用と人々の工夫により

元気なレタスを長期間出荷している。

元気に育つことで輸送にも強い。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜キャベツ・ハクサイ・レタス

市町村紹介

幕別(まくべつ)町

北海道の東、十勝エリアの町。

帯広市の東隣、南北に長い形。

十勝平野の東部、内陸。

十勝平野らしく農業が盛ん。

テンサイ・小麦・ジャガイモ・豆、と

北海道らしい農作物を大量に生産。

農業の多角化にも力を入れ、

ナガイモ・レタス・キャベツ・ニラなど

その種類を増やしている。

つるんとした「和稔じょ」もココだけ。

ナウマンゾウやパークゴルフでも

その名が知られている。

幕別とレタス

農産物が豊富で、

北海道の野菜系名物で

たびたび登場する幕別町。

実は、レタスの生産量もすごく多く、

北海道一の産地となっている。

肥沃な土地を活用した畑づくり、

計画的な輪作スケジュール組み、

JA主体の元気な苗作り、

レタスにとって成長しやすく

病気にもかかりにくい育成環境づくり、

などで健康元気なレタスを育てる。

幕別町の夏の寒暖差も

レタスの美味しさをアップさせる。

手際の良い収穫・出荷調整・予冷も、

鮮度が大事なレタスには重要。

栽培面積も拡大、収穫量もアップ、

品質の高さにも気を配り、

北海道トップのレタス産地に成長。

その生産量は年間で

2,000トンを超える。

苗作り→育成→収穫、を

計画的・継続的に行うことで

5月下旬から10月下旬までの

長期出荷もできている。

幕別町で作られたたくさんのレタスは

地元十勝、北海道内各地、本州へと

夏場を中心に出荷される。

水分が大部分を占めるため

輸送途中に傷んでしまいがち。

幕別町では、レタスを健康に育て、

適期に鮮度高いうちに手早く収穫、

手際よく冷却までを行うことで、

長距離の輸送でも高い鮮度を保ち

傷みにも強いレタスを出荷している。

その輸送面の強みを活かし、

日本の反対側・沖縄県にまで

幕別産レタスを出荷している。

外部リンク

JA幕別町

レタスの育苗施設を備える

幕別町

自治体の公式サイト

幕別町観光物産協会

観光やグルメなどの情報

Google 検索

「幕別町 レタス」

Google Map

「幕別町」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜キャベツ・ハクサイ・レタス

タグ: ,