名寄市のアスパラガス

北海道でもかなり北にある名寄市。

冷涼さに負けず農業が盛んな所。

アスパラガスの生産がとても多く、

北海道トップクラスの大産地。

旬の5・6月にはイベントも開催される。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜アスパラガス・ブロッコリー

市町村紹介

名寄(なよろ)市

北海道・道北・上川エリアにある。

南北に長いエリアの北部にある。

一帯は農業が盛んで、

交通の便の良さも手伝い、

農作物の集積地として発達。

今も周辺の中心都市となっている。

北海道でもかなり北に位置するが、

農業が広く行われていて、

もち米では日本一の産地。

広大なひまわり畑も有名。

冬はめちゃくちゃ寒い。

ダイヤモンドダストや

サンピラーといった

厳寒の自然現象も見られる。

名寄のアスパラ

もち米が有名な名寄町。

他に作られる農作物も多いが、

中でも自慢なのがアスパラガス。

アスパラガスを名物としている

北海道の中でも、トップクラスの

生産量を誇っている。

その量は400トンを超える。

同エリアの中央にある美瑛町とは、

生産量トップを競っていて、

北海道のアスパラ産地・上川エリアを

共に牽引している。

名寄市でもアスパラガスの旬は、

5月6月頃。北海道では春な頃。

昼は太陽の光で暖かくなり、

朝晩はまだ冷え込む時期。

この暖かさが、アスパラガスの

甘さを高め、冷え込みが

その維持に役立つとのこと。

土づくりもしっかりと行う。

数年にわたり収穫が可能な野菜の

アスパラガスではあるが、

各地でその生産量の減少が

問題となっている。

病気や害虫、連作障害など

色々あるのがネック。

名寄市では、しっかりと畑を整備し、

よく根を張ってくれるようにすることで

安定した収穫と品質の維持を図り、

春から初夏に美味しいアスパラガスを

たくさん出荷している。

夏には、ふっさふさに成長した

アスパラ畑が各地に広がる。

訪れた際には、ひまわり畑と共に

アスパラ畑も見ておこう。

アスパラガスの旬真っただ中な

5月末頃には、

「なよろアスパラまつり」も開催。

アスパラガスを中心に

色々なグルメやイベントが楽しめる。

同時期に、交流自治体の

東京都・杉並区にも出張し、

アスパラガス他特産品の販売を

行っているらしい。

外部リンク

JA道北なよろ

地域農業や特産品について紹介

名寄市

自治体の公式サイト

なよろ観光まちづくり協会

観光を中心に色々な情報

Google 検索

「名寄市 アスパラガス」

Google Map

「名寄市」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜アスパラガス・ブロッコリー

タグ: ,