道内アスパラガス産地

北海道の名物・アスパラガス。

中心となる産地は上川エリアだが、

道内他エリアでも各地で生産。

春だけでなく、夏秋や冬の出荷に

取り組むところもある。軽く紹介。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜アスパラガス・ブロッコリー

北海道とアスパラガス

北海道はアスパラガスの名産地。

九州勢の追い上げはあるものの、

都道府県別では日本一の産地。

元は西洋の野菜。

日本で初めてアスパラガスが

栽培されたのが北海道。

西部・後志エリアの岩内町で

大正時代末頃に始まった。

隣の喜茂別町で本格生産が始まり、

戦後を経て、今では北海道内の

各地で生産されている。

エリア別では道北・上川エリアが

半分以上を占める大産地を形成。

内陸の寒暖差も美味しさを底上げ。

上川エリア以外でも

色々な場所でアスパラガスは

作られているので、

エリア別にさっくり紹介。

空知エリア

道央の内陸にある。

米どころとして有名。

アスパラガス産地としては、

上川エリアに次ぐ。

市町村別では、美唄市が多めで

100トンほどの生産量があり、

他に長沼町・滝川市・岩見沢市・

深川市などでも20~40トンほど。

エリア合計で300トンぐらいの生産量。

後志エリア

アスパラガス生産の始まった地。

今でも作っている所は多い。

突出した産地は無いが、

留寿都村・蘭越町・真狩村・

喜茂別町・ニセコ町・共和町・

赤井川村・倶知安町など、

多くの町村で20~60トンほどの

アスパラガスを作っている。

こちらもエリア全体で、

300トンほどの生産量。

十勝エリア

北海道農業の柱なエリア。

十勝でもアスパラガスは作られる。

帯広市・清水町・鹿追町・

幕別町・音更町・芽室町など

農業系名物の常連が名を連ねる。

一番多い帯広市でも80トン程度で

そんなには多くない感じだが、

秋中心の十勝作物の中では

かなり早めから出荷できる点が

違いを出せる点かも。

豊富な畜産物と絡めて

使っていきたい。

エリア全体で250トンほどの生産。

渡島・檜山エリア

檜山エリアでは250トンほどの生産量。

檜山南部立茎アスパラガス生産組合

を設立し、生産に力を入れる。

厚沢部町・江差町・乙部町・

上ノ国町・奥尻町・八雲町で生産。

栽培方法の改良やビニールハウスの

活用などにより、初春と夏秋の出荷が

可能となり、生産量も多め。

冬場も多少出せるらしい。

渡島エリアの函館市や北斗市、

七飯町でもアスパラガスが

作られている。

他にも

石狩エリアの

当別町・江別市・石狩市、

胆振エリアの

洞爺湖町・安平町、でも作る。

人口多めな札幌圏にも近く、

アスパラ出荷に良い感じ。

オホーツクエリア南東部の

美幌町・大空町・小清水町も。

美幌町では栽培方法の改善により

めずらしい初冬出荷に挑戦。

日高エリアの新ひだか町や

日高町、新冠町でも多少作る。

他の道内とは違う馬牧場からの

堆肥で元気に育つとかなんとか。

留萌エリアからは

羽幌町・遠別町が登場。

アスパラガス栽培でもほぼ北限な所。

場所柄、農作物系名物が少なめ。

アスパラガス生産の維持に力を入れ、

名物として目立っていただきたい。

外部リンク

Google 検索

空知 アスパラガス

檜山 アスパラガス

十勝 アスパラガス

北海道 アスパラガス

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜アスパラガス・ブロッコリー

タグ: , , , , ,