道内ブロッコリー産地

農作物豊富な北海道。

ブロッコリーの名産地でもある。

道内でも各地に産地があり、

その生産量は日本一。

涼しさを活かし、夏中心に出荷される。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜アスパラガス・ブロッコリー

北海道とブロッコリー

北海道はブロッコリーの名産地。

都道府県別でいえば日本一。

北海道全体で2万トンぐらい生産。

栽培技術の浸透、低温での

輸送体制の確立、などにより

平成に入ったころから

ブロッコリー産地として成長。

出荷時期の中心は、夏秋。

北海道の涼しい気候を活かす。

ブロッコリーは連作障害があるので、

広くて輪作経験値の高い北海道は

栽培・生産にも向いている。

今では夏秋ブロッコリーの

中心的な産地として

高原の長野県と共に活躍する。

エリア別

北海道内の各地で作られる

たくさんのブロッコリー。

エリア別に見ると、

道央・石狩エリアが抜け出る。

続くのが、上川・胆振・十勝・空知、

といった面々。

さらに、後志・オホーツク・檜山や

東端の根室エリアでも作られる。

市町村別では、

江別市がトップで2,000トン以上、

東川町・厚真町・伊達市・

音更町・長沼町が1,000トン超え。

以下、エリア別に軽く紹介。

石狩エリア

北海道でのブロッコリー生産を

引っ張る立場の石狩エリア。

エリアで5000トン以上を生産。

北海道一の産地、江別市の

存在が大きい。2000トン以上。

江別市のブロッコリー

恵庭市・石狩市・千歳市・

新篠津村・北広島市でも

400~700トンほどを生産。

さらに札幌市・当別町でも

100~200トンほどを作る。

北海道内の食の大消費地である

札幌圏であり、地産地消にも良い。

もちろん本州へもどんどん出荷し、

夏の食卓に彩りと栄養を届ける。

上川エリア

道央の上川エリア。

旭川市や富良野地域のあるとこ。

ブロッコリー生産では

石狩エリアに次ぐ3,000トン弱。

旭川市の東、大雪山麓の町、

東川町が上川エリアのトップ。

1,300トン程の生産量。

「ひがしかわサラダ」の一員。

他に、農業系名物でよく出てくる

美瑛町・士別市・富良野市・

上富良野町などでも作られていて、

200~500トンほどの生産量がある。

夏の観光で人気のエリア。

訪れた際にはブロッコリーもどうぞ。

胆振エリア

北海道・道央の南側な位置。

札幌の南、苫小牧のあるとこ。

北海道内では温暖・穏やかな気候で、

その立地を活かした野菜生産が盛ん。

ブロッコリーも重点作物の一つであり、

2,500トン以上が生産される。

このエリアのツートップが、

東の厚真町・西の伊達市。

どちらも1,000トン以上を生産する。

むかわ町や洞爺湖町でも

少し作られている。

このエリアも訪れる人が多い。

多くの地元野菜とともに

ブロッコリーも食べちゃいましょう。

十勝エリア

北海道農業といえば、十勝。

穀物や根菜に強いところだが、

野菜の生産にも力を入れていて

ブロッコリーも作られている。

エリア全体で2,000トン強。

市町村別でいえば音更町がトップ。

1,000トン以上を生産している。

小麦やジャガイモなど北海道らしい

作物の豊富な音更町だが、

緑のブロッコリーもまた名物の一つ。

町の南側での生産が多い。

他に、清水町・浦幌町・芽室町でも

200~400トンほどを生産している。

ブロッコリーの他、キャベツ・レタス、

ネギなど、野菜類も多い十勝エリア。

ベーシックな穀物・作物、

畜産物や乳製品もまた豊富。

組みあわせて良い料理にしよう。

空知エリア

札幌の東側にあるエリア。

十勝平野にあり、お米を中心に

農業が盛んなところ。

ブロッコリーも作っている。

エリア全体で2,000トンほど。

空知のトップは長沼町。

エリア南部にあり札幌にも近い。

生産量は1,000トン以上で

エリア生産分の半分を占める。

他には、南幌町・秩父別町・

岩見沢市・沼田町などで

100~400トンほどを作っている。

名物のジンギスカンのお供に

ブロッコリーサラダをどうぞ。

消費地の札幌圏にも近いので、

行ったら見かけるかもね。

檜山エリア

北海道の南西、渡島半島にある。

日本海側に面していて、

函館周辺とはまた違った感じ。

渡島半島自体かなり山がちで、

檜山エリアも耕作可能な所は狭いが、

野菜などの農業に力を入れている。

突出したブロッコリー産地は無いが、

せたな町・厚沢部町・乙部町・

今金町・江差町など産地は多く、

エリア全体で1,300トンほどの

ブロッコリーを生産している。

人気観光地で消費地の函館や

消費の主力・本州にも近い。

海も陸も名物多めな渡島半島。

組み合わせて食べちゃいましょう。

オホーツクエリア

冬の流氷なイメージのある

オホーツク海沿岸エリア。

海と海産物も名物だが、

農作物生産でも有名なエリア。

農業が盛んなのはエリア南東。

網走や北見の辺り。

緯度も低くなり、平野も広々。

涼しさに合わせた農業が行われる。

ブロッコリーも涼しいのが好きなので

オホーツクエリアでも作られる。

遠軽町・湧別町・大空町・

小清水町などで作られていて、

合計すると1,300トンほど。

タマネギやジャガイモが名物の

オホーツクエリア。ホタテなどの

海産物や乳製品もたくさん。

ブロッコリーと合わせて

マリネ、サラダ、グラタンとか良さげ。

後志エリア

札幌の西、日本海側なエリア。

羊蹄山がシンボル、山が多い。

ジャガイモや根菜類の名産地。

ブロッコリーの産地としては

喜茂別町・真狩村が400トンほど、

赤井川村・ニセコ町・共和町などでも

作られていて、合計で1,300トン弱。

冬のリゾート地として有名だが、

夏もまた良い感じ。

行ったらブロッコリーもどうぞ。

根室エリア

北海道の東端なエリア。

緯度や海流の影響により冷涼。

農作物栽培は苦手だが、

冷涼さを好むものは作れる。

中標津町が根室エリアでの

ブロッコリー産地となっていて、

350トンほどが作られる。

冷涼なもんで害虫少なめ、

メインの酪農業からの堆肥も

畑にたっぷり使える。

同じく涼しいのが良いダイコンも

結構な量が作られる。

外部リンク

JA道央(江別市など)

JAひがしかわ(東川町)

JAとまこまい広域(厚真町など)

JA伊達市

JA木野(音更町)

JAながぬま(長沼町)

ブロッコリー多めな所のJA

北海道庁

農業系の統計データはここで

Google 検索

「北海道 ブロッコリー」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜アスパラガス・ブロッコリー

タグ: , , , , ,