道内ネギ産地

北海道の名物・ネギ。その生産は、

道南・渡島と道央・空知が強い。

他のエリアでも作られているので

軽く紹介。いくつかの場所では

工夫を凝らしたブランド化も行う。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜ネギ・ギョウジャニンニク・ニラ

北海道のネギ生産

北海道全体で2万トンほどの

ネギが作られている。

出荷の中心は夏秋。

道内はもとより日本各地へと

出荷されていく。

産地としては、七飯町・北斗市を

抱える渡島エリアが8,000トン、

南幌町・長沼町・岩見沢市の

三者が競り合う空知が5,000トン、と

この2エリアが強い。

他のエリアでもネギ生産は

行われているので、軽く紹介。

十勝エリア

道東の農業大国。

野菜類の生産にも力を入れる。

ネギの生産はエリア全体で

2,300トンほど。

十勝では音更町での生産が多い。

南部木野地区が中心となり、

1,200トンを超える生産量。

渡島・空知以外ではトップ。

帯広市も800トンほど、

芽室町でも300トンほどが作られ、

地元を中心に各地へ出荷される。

上川エリア

旭川や富良野のあるところ。

夏の寒暖差が野菜を美味しくする。

多くの作物が作られていて、

ネギもその一員。

エリア全体で2,000トン弱の生産量。

突出した産地はないが、

富良野市の500トン弱を始め、

旭川市・東川町・

中富良野町・東神楽町で

250~400トンのネギが作られる。

エリア中央や南部が多め。

北部の下川町でも100トンほど。

ここら辺がネギの北限かな?

胆振・日高エリア

札幌から見て南側。

北太平洋に面する一帯。

海岸部は穏やかな気候で、

野菜作りも広く行われる。

胆振エリアからは、

色々な野菜を作る伊達市が登場。

1,000トン以上が生産され、

ネギ生産の歴史も長い。

伊達野菜の柱として活躍。

日高町も600トンほどと、

なかなかの生産量。

もみ殻を利用して作られる

軟白ネギ「美味ネギ君」もある。

うまねぎ、と読む。

石狩エリア

食べ物消費の盛んな札幌圏。

隣にネギ産地・空知があるせいか、

そんなには生産量は多くないが、

地元から食卓を支えている。

北広島市で200トン、

恵庭市で150トンほどが作られる。

オホーツクエリア

オホーツクエリア南東の

北見市でもネギが作られている。

自慢のタマネギに比べたらアレだが、

250トンほどの生産量があり、

地元周辺へと出荷している。

畑で冬を越し、春に出荷する

「越冬ねぎ」生産にも取り組む。

外部リンク

JA木野(音更町)

JA伊達市

ネギ生産多めなところ

JA門別(日高町)

JAきたみらい(北見市など)

特徴的なネギを作る

Google 検索

「北海道 ネギ産地」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜ネギ・ギョウジャニンニク・ニラ

タグ: , , , , ,