渡島・檜山エリアのホウレンソウ

北海道・南西の渡島半島。

漁業が有名だが、耕作可能な

場所では農業も盛んに行われる。

函館平野を中心にホウレンソウの

生産量も多めとなっている。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜その他葉茎菜

エリア紹介

渡島(おしま)・檜山(ひやま)エリア

北海道の南西、渡島半島にある。

周りを海に囲まれていて、

全体的に漁業がとても盛ん。

かなりの面積を山が占めるが、

川沿いや海沿いでは農業も盛ん。

函館周辺は結構ひらけていて、

古くから農業が行われてきた。

渡島半島のホウレンソウ

渡島半島のホウレンソウ産地は、

南部の函館平野が中心。

津軽海峡にも面する場所。

農業に適した土地も多め、

北海道では南端、

海が近く雪も少なめ、なので

ホウレンソウを始めとして

色々な農作物が作られている所。

本州への出荷もしやすい。

函館の西隣の北斗市、

函館の北にある七飯町が

ともに450トン以上の生産量。

函館平野の立地と

北海道の夏の涼しさを活かし、

夏場を中心に出荷される。

ニラ生産で有名な知内町も

津軽海峡沿いのホウレンソウ産地。

200トンほどを生産している。

冬春のニラに続いて出荷が始まる。

渡島半島北部、日本海側の

せたな町でも、250トンほどの

ホウレンソウが作られる。

漁業が盛んだが、農業も負けてない。

渡島半島中部にある八雲町。

合併で日本海と太平洋の

二つの海に面している町。

こちらでは、初冬の

「寒ちぢみほうれんそう」の出荷に

取り組んでいる模様。

以上のような感じで、

渡島半島全体では

1,400トンほどのホウレンソウが

春から初冬まで生産される。

外部リンク

JA新はこだて

函館を中心とした広域JA 広い

渡島総合振興局

檜山振興局

振興局のサイト

ようこそ、みなみ北海道へ

広域の観光情報

Google Map

「渡島半島周辺」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜その他葉茎菜

タグ: , , , , ,