道内ホウレンソウ産地

北海道のホウレンソウ生産。

北部・上川や南部の渡島半島、

胆振エリアなどで生産多め。

ほかのエリアにも産地が

点在するので、軽く紹介していく。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜その他葉茎菜

北海道とホウレンソウ

ホウレンソウは涼しい気候を好む。

本州の夏場は暑いので、

涼しい北海道が夏ホウレンソウの

産地として活躍している。

出荷用としてだけでなく、

日々消費される野菜として

地産地消にも力が入れられる野菜。

産地は道内各地に点在するが、

あまり北だと作られない感じ。

ざっくりと紹介。

十勝エリア

北海道農業の主役、十勝。

穀物やイモ類など、土台となる

作物が多いイメージだが、

いわゆる野菜類の栽培にも

力を入れている。

農作物系名物でよく登場する

ナウマンな幕別町がここでも登場。

500トン弱を生産している。

農作物豊富ゆえお菓子の街に

進化した音更町も300トン弱を生産。

農業大国として大規模化にも

取り組み、今後さらに伸びるかも。

石狩エリア

札幌のあるあたり。

北海道の人口が集中するため、

その食べ物消費量もすごい。

ホウレンソウといえば、

日常的に使われる野菜の代表。

地元で生産したホウレンソウを

札幌の食卓へと届ける。

札幌市のホウレンソウは、

ポーラスターの名で有名。

英語で北極星の意味。

宅地化が進む中、集約的な

栽培が可能なホウレンソウは

今もしっかりと生産され、

250トンほどの生産量がある。

本州への出荷だけでなく、

地産地消にもしっかり取り組む。

石狩市や恵庭市でも

100トン弱を生産している。

さらに

漁業なイメージの釧路でも

ホウレンソウは作られる。

冷涼な場所ながら、ホウレンソウの

栽培には良い感じの気候。

内陸の阿寒地区が中心となり

100トンほどホウレンソウを生産し、

地元釧路市などに提供している。

道央の空知エリアにある

メロンが有名な夕張市も、

実はホウレンソウの産地で

100トンほどが作られている。

地元や札幌圏へと出荷される。

メロン・ホウレンソウ以外にも

お米やハチミツなんかもあるぞ。

外部リンク

JA幕別町

JAおとふけ

JA阿寒

JA夕張市

地域農業や特産物の情報

GoodDay北海道

北海道広域の観光サイト

Google 検索

「北海道 ほうれん草」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜その他葉茎菜

タグ: , , , , ,