洞爺湖町の赤シソ

北海道で赤シソをたくさん作るのが、

観光地でもある洞爺湖町。

北海道内でもトップの生産量。

特徴を活かしたジュースなども

作られ、名物の一つとなっている。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜その他葉茎菜

市町村紹介

洞爺湖(とうやこ)町

北海道・道央・胆振エリアの町。

札幌から見て南西にある。

洞爺湖の北西側を占めている。

湖と火山活動による温泉が名物。

噴火湾に面するので海にも行ける。

畑では色々な野菜が作られ、

海ではホタテなどの海産物も獲れる。

グルメな町としての顔も持つ。

洞爺湖とシソ

色々な作物を作る洞爺湖町。

キャベツ・レタス・ブロッコリー・

ダイコン・ニンジン・ナガイモ・

ゴボウ・ホウレンソウなど種類豊富。

北海道での存在感、としては

セロリが目立つ。夏中心の出荷で、

道内でトップの生産量を誇る。

もうひとつ、洞爺湖町が

北海道トップな作物がある。

それが、赤シソ。

梅干しなどに使われるアレ。

畑に植えられ、成長した赤シソは、

手の平ほどの大きさになる。

赤というか濃い紫色。

赤シソに覆われた畑は、他の作物の

畑と大きく印象が異なる。

訪れた際には見ておこう。

出荷時期は5月頃から。

大きく育った葉を早朝に収穫、

香りの強いうちに出荷している。

春に始まった出荷は、

冬の手前まで続けられる。

市場流通にまわされるほか、

地元の特産として加工品にもなる。

赤シソを使って

特徴的な食材、赤シソ。

香りが特徴的で、かなり強い。

食欲増加の効果もあるとか。

栄養面でも優れていて、

カロテン、カリウム、カルシウム、

ビタミンEなどを含む。

食物繊維もたっぷり。

そんな食べれるものでもないけど。

日本では、梅干しの色付け用が

一般的な感じ。

洞爺湖町では、特産として

赤しそジュースが作られる。

濃縮タイプで、水で薄めたり、

ソース的に使っても良い感じ。

赤シソの入ったドレッシングや

アメやグミなどのお菓子もあるとか。

道の駅などで販売されている。

地域の名物として、アイスの

フレーバーに使われたりもする。

特徴的な名物なので、

加工品も今後増えていきそう。

料理にも色々使える。

お肉との相性も良く、巻いたり

混ぜ込んだりしたものが旨い。

魚介類との相性も良い。生臭さを

強い香りでウヤムヤにしてくれる。

刻んでパスタに乗せて

香りを楽しむのも良い。

ゴハンに混ぜれば、ゆかりご飯。

洞爺湖町をはじめ、

胆振エリアは食材豊富なエリア。

農産物、水産物、畜産物と

バリエーションも豊富。

ホタテ、牛肉、チーズ、ナガイモ、

なんだか合いそうな感じ。

赤シソと組みあわせた

胆振・洞爺湖なメニューを

作ってみるのも面白いかも。

香りのおかげで食も進む。

外部リンク

ピュアフーズとうや

しそジュースや漬物を作る

JAとうや湖

地域農業や特産物の紹介

洞爺湖町

自治体公式サイト

洞爺湖温泉協会

温泉やイベントなどの観光情報

Google 検索

「洞爺湖町 赤しそ」

Google Map

「洞爺湖町周辺」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜その他葉茎菜

タグ: ,