北海道のミツバ

北海道でのミツバ生産について。

あまり多くは作られないが、

お正月料理向けの産地として重要。

東神楽町、東川町、北斗市など。

東神楽では温室水耕栽培を行う。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜その他葉茎菜

ミツバと北海道

セリの仲間の野菜・山菜、ミツバ。

日本全国に自生していて、

古くから食用とされてきた。

栽培も広く行われていて、

本州の農業が盛んな千葉県、

茨城県、愛知県での生産が多い。

全国で15,000トンほど出荷され、

上記3県で半分を占める。

成長が早くスペースも取らないため

ハウスなどでの水耕栽培も盛んで、

年中市場に出回っている。

料理の彩りに使われることが多いが、

おひたしや和え物にしても美味しい。

北海道でもミツバは生産される。

そんなに盛んではないが、

北海道全体で400トンほどを作る。

自然豊富なところも多く、

広く自生しているので、

山菜として採取もされる。

東神楽のミツバ

北海道で一番多くミツバを作るのが、

上川エリアにある東神楽町。

旭川市の隣、空港があるところ。

北海道らしい広い土地を活用した

大規模農業、ではなく、

施設も利用した集約農業に取り組む。

その一つが温室栽培。

大規模なガラス温室が建設され、

その中でミツバを水耕栽培。

環境と与える養分を整え、

一年中の出荷が可能に。

年間で7回ほど出荷できる。

夏に露地で育てたミツバを

一旦刈り取って、ハウスに移し、

再度成長させ出荷を行うタイプもある。

ミツバ需要の高い正月に向けて

年末に出荷が行われる。

東神楽町では、温室を利用し

ミツバの他に、ミニトマトや

カイワレ大根、クレソン、

豆苗なども生産している。

他にもいくつか

東神楽町の隣・東川町。

大雪山麓の高原な町。

涼しさを活かしたダイコンや、

ブロッコリーの生産のほか、

色々な葉物野菜を施設で栽培する。

まとめて、東川サラダ、として活動。

ミツバもそのひとつ。

正月向けの生産が中心で、

70トンほどを生産している。

道南農業でよく出る北斗市。

ホウレンソウやネギなどの

野菜生産に力を入れる。

ミツバも作ってます。

だいたい50トンほどを生産。

函館や札幌への出荷の他、

近めな本州の市場もいける。

消費の多い札幌市でも少し作られ、

地産地消されている模様。

集約型な野菜なので、

都市近郊でもやりやすい。

外部リンク

JA東神楽

JAひがしかわ

JA新はこだて

地域農業や特産物の紹介

ミツバ – Wikipedia

ミツバについて色々

Google 検索

「北海道 ミツバ」

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物葉茎菜その他葉茎菜

タグ: , , ,