上川エリアのカボチャ

カボチャ産地の北海道の中でも、

道北にある上川エリアは生産量が

ものすごく多い。南北に広いエリアの

各地で作られている。内陸盆地の

気候もカボチャを美味しくしてくれる。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類カボチャ

上川エリアとカボチャ

上川(かみかわ)エリア

北海道・道北の内陸にあるエリア。

南北に長い。

名寄市などのある北部、

旭川市などの中央部、

富良野市などの南部、に分かれる。

場所により若干気候が違うが、

それぞれの地域で農業が盛ん。

カボチャは上川エリア全体で

たくさん作られる野菜。

特に北部で生産量が多いが、

中央部・南部にも産地がある。

全体として内陸&盆地なため、

夏は寒暖差が大きく、

その影響で質の良いカボチャに

育つのも、名産地の理由の一つ。

エリア合計で50,000トン近くを生産。

日本全体でも20万トンぐらいなので、

上川エリアで1/4を作っている感じ。

道内市町村別でも、

トップ10のうち9つが上川エリア。

上位三つ

上川エリア内の上位3つは、

道内のベスト3でもある。

国内カボチャ産地の二強、

北部にある和寒町と名寄市。

収穫量は共に9,000トンを超え、

日本一の座を競う。

その二強の北にある美深町でも

7,000トン弱が作られ、

上位3市町だけで

合計25,000トンにもなる。

和寒町のカボチャ

名寄市のカボチャ

美深町のカボチャ

他産地

上川エリア内には、他にも

たくさんのカボチャ産地があり、

残りの25,000トンほどを生産。

これでも道内エリア別トップ

&都道府県別でもトップな生産量。

多いので、ざっくり紹介。

北部

名寄盆地を中心とした

農業の盛んな場所。

冷涼な地域だが、カボチャは

その涼しさを好む野菜。

生命力も強く、よく育ってくれる。

上位3市町もココ。

名寄市の南、士別市。

羊のサフォークで有名、農業も盛ん。

こちらもかなりのカボチャ産地で、

5,000トンほどを生産している。

堅いマサカリカボチャ系の

「まさかり岩男」も新しい特産として

少しではあるが作られる。

士別市の南にある剣淵町。

絵本、アルパカ、など

ちょっと変わった名物のある町。

小さな町ながら農作物たくさん。

カボチャも1,400トンほど作られる。

上川エリア最北部、中川町でも

カボチャは生産される。

道内でもかなり北、宗谷岬も近い。

稲作の北限よりも北だが、

カボチャなら育ってくれる。

カボチャ産地としては最北かな?

800トンほどが作られる。

中央部

北海道で一番広い盆地、上川盆地での

農業が発展の基礎となった地域。

現在も農業が盛ん。お米も名産。

カボチャ産地で突出した所は無いが、

広く作られている。

美瑛町 1,600トン

農村の風景が観光名物にもなっている。

東川町 950トン

大雪山麓 野菜生産に力を入れる。

旭川市 830トン

上川エリアの中心地。農業も盛ん。

東神楽町 600トン

空港ある所。集約型農業と共にカボチャも。

当麻町 340トン

良質米の産地。カボチャもあるよ。

南部

富良野盆地での農業が盛ん。

観光地としても人気。

カボチャの生産量も多い。

北の国からの名シーンの一つに

カボチャも登場している。

富良野市 3,700トン

上富良野町 2,800トン

中富良野町 1,600トン と、

道内でも上位に入る量を作り、

合計で8,000トンほどの生産量になる。

同じくウリ系のメロンや

スイカも名物となっている。

外部リンク

JA北ひびき(士別市など)

JAふらの(富良野広域)

JAびえい(美瑛町)

地域農業や特産物の紹介

統計情報:北海道農政事務所

農作物の統計情報

Google 検索

士別市 カボチャ

富良野 カボチャ

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類カボチャ

タグ: , , , ,