オホーツクエリアのカボチャ

北海道北東部のオホーツクエリア。

漁業とともに農業も盛んな所。

場所的に寒めだが、カボチャなら

しっかり育ってくれるので大丈夫。

上川エリアに次ぐ産地となっている。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類カボチャ

エリア紹介

オホーツクエリア

北海道の北東部にあるエリア。

オホーツク海に沿って横長な形。

冬の流氷、漁業、監獄、なイメージ。

ものすごい量のホタテが獲れる。

農作物生産もかなりのもの。

南東部は平野・丘陵が広がり、

かなりの農業地帯。ジャガイモ・

小麦・テンサイを中心に大規模な

農業が行われる。タマネギもスゴイ。

北西部は、冷涼な気候や地形から

酪農が中心となっている。

カボチャとオホーツク

オホーツクエリアで農業が

盛んなのは、南東部。

網走市や北見のあるあたり。

エリア中央部にいくと、

山が海に迫る地形や緯度の高さ、

オホーツク海からの風、など

野菜には厳しい環境となる。

そんな場所でも、カボチャはOK。

強い生命力・繁殖力で、

オホーツク農業を支えている。

オホーツクエリア全体で、

11,000トンほどのカボチャを生産。

これは、上川エリアの5万トンに次ぐ、

道内エリア別2位の生産量。

カボチャ産地としては、

サロマ湖の周辺が元気。

北見や網走など、農業系名物の

常連な場所でも作られる。

市町村別 中西部

紋別市(もんべつ) 2,000トン

オホーツクの港町。

漁業と流氷、砕氷船が有名。

カボチャ産地でもあり、

道内でもなかなかの量。

遠軽町(えんがる) 1,800トン

紋別市の南に広がる、

サロマ湖の内陸にある町。

盆地での農業や山での林業を行う。

内陸の寒暖差で美味しくなーれ。

佐呂間町(さろま) 1,700トン

サロマ湖の南側にある。

佐呂間町ではカボチャが

特産として扱われ、イベントの

「シンデレラ夢まつり」も開催。

カボチャ・ハロウィン・花火大会と

色々混ざった感じのお祭り。9月。

湧別町(ゆうべつ) 1,600トン

遠軽町の川下、サロマ湖の西。

漁業と共に農業もなかなか盛ん。

中でもカボチャの安定感は別格。

リンゴの北限でもあるらしい。

滝上町(たきのうえ) 450トン

紋別市の内陸部、山あいの町。

ほとんど山だが川沿いで

カボチャやジャガイモなどを作る。

大きな温度差で美味しくなる。

シバザクラの名所、ハッカの産地。

市町村別 南東部

北見市(きたみ) 1,100トン

タマネギ王国。カボチャも作る。

網走市(あばしり) 950トン

ジャガイモ大国。カボチャも作る。

美幌町(びほろ) 650トン

製糖工場がある。カボチャも作る。

大空町(おおぞら) 600トン

空港があるところ。カボチャも作る。

津別町(つべつ) 500トン

たくさんの川が流れる山あいの町。

川沿いで農業、山で林業、が中心。

冬の早く訪れる所。カボチャを食べて

寒い冬への備えもばっちり。

外部リンク

JAオホーツクはまなす(紋別など)

JAえんゆう(遠軽・湧別)

JAゆうべつ町

JAさろま

JAきたみらい(北見など)

JAオホーツク網走(網走など)

JAつべつ

地域農業や特産物の紹介

統計情報:北海道農政事務所

農作物の統計情報

Google 検索

オホーツク カボチャ

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類カボチャ

タグ: , , , , ,