道内他エリアのカボチャ

カボチャの名産地、北海道。

エリア的には、上川やオホーツク、

十勝などが多くなっているが、

他のエリアでもたくさん作られる。

留萌から渡島半島にかけ軽く紹介。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類カボチャ

道内のカボチャ産地

北海道が日本一なカボチャ。

上川エリアがすごく多く作り、

オホーツク・十勝・胆振と

産地エリアが続く。

その他のエリアでもカボチャは

作られているので、軽く紹介。

北の留萌エリアから

南西の渡島・檜山エリア、な感じで。

留萌エリア

苫前町 1,700トン

道北、日本海に面したエリア。

冷涼で風も強く、平地も少なめ。

なので農業系名物ではあまり

目立たない地域。

そんな一帯ではあるが、

エリア中部の苫前町では

カボチャを本格生産。

その量もなかなかのもの。

力強い成長力が特徴のカボチャ、

北の地でもしっかりと育ってくれる。

カボチャの他に、メロンや

ミニトマト、トウモロコシなども作る。

空知エリア

道央にある内陸のエリア。

十勝平野にあり、お米の名産地、

として知られる。転作により、

キャベツなども名産となっている。

空知でもカボチャは広く生産される。

そこまで多い産地は無いが、

全体で5,000トンほどを生産する。

岩見沢市の1,300トンをはじめ、

由仁町・栗山町で1,000トン前後、

長沼町700トン、月形町500トン、

芦別市で350トン、といった感じ。

新米の時期には、カボチャもどうぞ。

石狩エリア

道央、札幌のある辺り。

開拓初期から農業の発信地。

今でも農業が盛んなところ。

北海道の中心として人口が多く、

近郊型農業への転換も進むが、

重めなカボチャもまだまだ現役。

当別町・恵庭市で1,400トン

江別市800トン

北広島市・千歳市・石狩市でも

500~600トンほどが作られる。

札幌市でも特産になっている。

大浜みやこかぼちゃ

石狩エリア全体で5,300トンぐらい。

秋に札幌圏へ遊びに行ったら、

地元なカボチャも食べてみよう。

後志エリア

札幌から見て東にある後志エリア。

日本海に面した山がちな地域で、

シンボルの羊蹄山を始め名山豊富。

ジャガイモやダイコンなど、

根菜の生産が多いエリアだが、

カボチャも育てられる。

赤井川村、留寿都村、ニセコ町、

蘭越町、積丹町などが産地で、

300~700トンほどを作る。

全体では3000トンほど。

「らいでんシリーズ」でおなじみの

共和町でもカボチャは作られる。

らいでんかぼちゃ

冬リゾートなエリア。

行く時期が早ければ、収穫後に

熟成され甘くなったカボチャが

楽しめるかも。

渡島・檜山エリア

北海道の南西、渡島半島。

かなり山がちではあるが、

函館平野や川沿い、海岸部などで

集約的に農業を行っている。

葉もの野菜ではかなりの存在感。

カボチャも、産地は限られるが、

けっこうな量を作っている。

北海道駒ヶ岳のふもと、森町は

かなりのカボチャ産地で、

3,500トン弱を作っている。

道内でも7位ぐらいの生産量。

ものっすごく甘いカボチャを

作る人もいるらしい。

日本海に面した厚沢部町も

2,700トンほどのカボチャを作る。

こちらも道内10位の名産地。

メークインやダイコンも有名だが、

カボチャ特産としても活動。

他に、八雲町で800トン、

江差町で500トンほどを作る。

函館観光のついでにカボチャも

食べてみよう。9月ぐらいが旬。

外部リンク

JA新はこだて

JA苫前町

JAいわみざわ

JA北いしかり

カボチャ生産多めな所のJA

統計情報:北海道農政事務所

農作物の統計情報

Google 検索

北海道 森町 カボチャ

厚沢部町 カボチャ

苫前町 カボチャ

当別町 カボチャ

恵庭市 カボチャ

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類カボチャ

タグ: , , , ,