士幌町のスイートコーン

北海道の東、十勝平野に位置する

農業に特化した町、士幌町。

スイートコーンの生産量も多い。

生産量の多さに合わせ工場も整備し、

大量の加工・出荷を実現している。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類スイートコーン

市町村紹介

士幌(しほろ)町

北海道・道東・十勝エリアの町。

十勝平野の北部にある。内陸。

広くなだらかな土地を大規模かつ

効率的に活用。生産だけでなく

加工や流通、販売にも力を入れる。

農業にフルスイングな町。

士幌のコーン

日本産スイートコーンの

半分以上を生産する北海道。

その中でも生産量の多い十勝。

士幌町でもスイートコーンの

生産量は多く、芽室町に続く

全国2位の大産地。

9,000トンほどを生産している。

十勝エリアの膨大な農作物の

土台となるのが、輪作。

小麦・ジャガイモ・テンサイ・豆類、の

4品種を柱に、畑で育てるものを

毎年ローテーションする農法。

他作物や緑肥が入ることもある。

士幌町ではスイートコーンは

豆類と同じタイミングに組み入れる。

小麦・ジャガイモ・テンサイ・

豆類/スイートコーン、で4分割し

ローテーションする感じ。

連作障害を回避しつつ

土地の力を維持できることで、

大量の作物を生産できている。

生産

士幌町の名物の一つとなった

スイートコーン。

その生産の本格化は結構遅く、

昭和末期、1980年代半ばごろ。

輪作体系の適正化、

作付バランスの維持のため始まった。

ジャガイモが生産過剰ぎみで

面積割合も多くなっていた。

病気も発生しがちで、やな感じ。

そこで、作物ローテーションの中に

スイートコーンも入れ、生産量と

面積のバランスを向上させようとした。

トウモロコシなので、生産すると

大量の茎や葉が出る。

畑にすき込めば土壌改良の

役割を期待できる。

簡単にいうと、畑が元気になる。

面積比が均等になれば、

連作での悪影響・病害虫も減る。

となると、士幌の柱である

ジャガイモの質も向上する。

生産作物も一品種増え、

手間も増えるが、売り物も増える。

いいじゃんそれ、ってことで

スイートコーンの栽培がスタート。

最初からスムーズとはいかなかったが

徐々に栽培技術や経験を蓄積し、

収穫機械導入などの効率化も進め、

その栽培面積を拡大してきた。

旬の短いスイートコーン。

美味しい時期が集中すると、

作業も集中してしまう。

色々な品種を育て分け、

種まきの時期もずらし、

早期育苗も行ったりするなど、

旬の時期を長くするようにしている。

収穫は8月中旬からスタートし、

約1カ月にわたる。

美味しさがピークになったものを

毎日どんどん収穫していく。

現在は、士幌町に周辺の町も含めた

大きな流れを形成、たくさんの

スイートコーンを生産している。

加工

首都圏などの大消費地から遠く、

鮮度落ちの早いスイートコーンを

すぐに持っていくことは難しい。

なので、士幌町では

旬に収穫されたスイートコーンを

地元で加工し、出荷している。

生産スタートと同時に

スイートコーンの加工施設も整備。

生産量の増加と共に、

加工施設の設備も増強してきた。

加工品の中心は、冷凍コーン。

美味しい日に収穫、

数時間後には工場に運び入れ、

コーンの粒を軸から外し、加熱、

急速冷凍までを短時間で行う。

スピーディーな加工が

スイートコーンの旨さを保ってくれる。

品質と共に信頼性も求められる時代。

トレーサビリティ対応も行う。

加熱・冷凍により保存期間も

長くなり、家庭用から業務用まで

色々な方面へと出荷される。

ジャガイモの生産・加工も凄い町。

士幌町のジャガイモ

スイートコーンとセットで

ジャガイモ加工品も使ってみよう。

ニンジンや肉牛もあるので、

士幌産だけのステーキセットとか

いかがでしょうか。

外部リンク

JA士幌町

地域農業や特産物の紹介

士幌町

自治体公式サイト

十勝士幌町観光協会

観光情報やイベント情報など

統計情報:北海道農政事務所

農作物の統計情報

Google 検索

士幌町 スイートコーン

Google Map

士幌町周辺

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類スイートコーン

タグ: ,