上川エリアのスイートコーン

北海道北部の上川エリア。

内陸盆地が広がり、農業が盛ん。

スイートコーンもたくさん生産される。

各地で作られるが、南部が多め。

夏の昼夜の温度差で美味しく育つ。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類スイートコーン

エリア紹介

上川(かみかわ)エリア

北海道・道北の内陸地域。

旭川や富良野が有名。

南北に長く、北部・中央部・南部では

気候も変化するため、それぞれで

行われる農業のタイプも変化する。

収穫される農作物も、

穀物・根菜・葉茎菜・フルーツと

バリエーションが豊富。

コーン産地

上川エリアは十勝エリアに次ぐ、

スイートコーンの大産地。

エリア全体で、23,000トンほどを作る。

内陸盆地の広がる上川エリア。

冬の厳寒っぷりは有名だが、

夏の昼夜温度差も特徴の一つ。

昼暑め、夜涼しく、な感じ。

栄養消費や糖度に好影響があり、

美味しいスイートコーンに育つ。

産地で加工もされるが、

新鮮野菜・青果として

出荷されるものも多い。

たくさん作るのも大事だが、

美味しい状態で届かないことには

商品として評価はされない。

スイートコーンは鮮度落ちが

とても早いため、青果で出すには

温度と輸送が大事。

気温の低い早朝に収穫、

スピーディーに選別・予冷を行い、

早々と市場・消費者へと出荷。

大産地と名産地の両立を目指す。

上川は青果が多め、

トップの十勝は加工出荷がメイン。

消費地への距離や輸送体制、

加工工場の整備、とかで

違いが出てくるんかね。

よく分からんです。

市町村別

南北にわたり広く作られるが、

特に南部の富良野市周辺が多め。

中央部・北部でも作っている。

富良野市がエリアトップの生産量。

6,000トンほどを生産。

周辺も多めで、

中富良野町 2,300トン

上富良野町 1,700トン

南富良野町 1,400トン。

富良野地域全体で

10,000トンを超える産地を形成。

早いハウスもので6月下旬から出荷。

8月ぐらいがピークとなり、

9月ごろまで出荷は続く。

観光にも良い時期。

行ったら食べてみよう。

中央部では、美瑛町が

5,000トンほどの生産量と

なかなかの生産量。

旭川市や東神楽町でも

1,000トン前後が作られる。

北部から登場は名寄市。

こちらも5,000トンほどの生産量。

もち米やカボチャがたくさんな所。

スイートコーンもたくさん。

外部リンク

JAふらの

富良野の広域JA

JA道北なよろ

名寄市のJA

JAびえい

美瑛町のJA

統計情報:北海道農政事務所

農作物の統計情報

Google 検索

富良野 スイートコーン

名寄 スイートコーン

美瑛 スイートコーン

Google Map

上川エリアの周辺

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類スイートコーン

タグ: , , ,