道内他エリアのスイートコーン

スイートコーン大産地の北海道。

エリア別では十勝と上川が

多くの部分を占めているが、

他でもかなり広く生産されている。

かるく紹介。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類スイートコーン

道内のスイートコーン

北海道は日本産スイートコーンの

半分以上を占める大産地。

その北海道の中でも、

十勝エリアが半分ほどを作る。

輪作や大規模農業と相性の良い

トウモロコシですし。

生産とともに、加工にも力を入れる。

道北・上川エリアが1/4ほど。

こちらも農業盛んなエリア。

南部の富良野周辺で多め。

寒暖差で美味しくなる。

で、残りの1/4が他エリア。

道南・道央と広く作られるほか、

オホーツクエリアでも作られている。

ざっくり紹介。

オホーツクエリア

寒そうな感じ。

まあ合ってる。

でも南東部は緯度も下がり、

農業に使える土地も広めなので、

けっこうな農作物地帯を形成。

ジャガイモ・小麦・テンサイの大産地。

あとタマネギも。網走や北見とかね。

トウモロコシも全体で8,000トンほどを

作っていて、エリア別では3位。

産地としては、オホーツク内で

有名どころの網走や北見ではなく、

周辺の町村が多くなっている。

訓子府町 2,200トン

置戸町 1,700トン

遠軽町 1,600トン

滝上町 1,400トン

斜里町 1,100トン

湧別町 500トン といった感じ。

寒めではあるが、しっかりと育ち、

甘みもたっぷりになってくれる。

寒暖差も好影響。

飼料用のデントコーンも

かなりの量が作られるが、

自家消費が多く、詳細不明。

酪農ではかなり重要な作物。

胆振エリア

札幌の南な辺り。

北太平洋に面し、気候は穏やか。

海沿いを中心に野菜生産が盛ん。

スイートコーン生産で

目立つのは、安平町。

5,000トン弱を生産する。

ロイシーコーンてのも作る。

真っ白いスイートコーン。

千歳市の東隣、内陸にある。

道外からも行きやすいので、

スイートコーンを食べに行ってみよう。

他に、野菜の種類豊富な

洞爺湖町や伊達市でも

1,600トン・1,200トンが作られる。

後志エリア

札幌の西にあるエリア。

日本海に面する。

羊蹄山をはじめ、山が多い。

根菜に強いイメージ。

真狩村 1,500トン

共和町 1,300トン

ニセコ町 600トン

留寿都村 500トン といった感じ。

冬のリゾート地として有名だが、

夏のリゾート地でもある。

スイートコーンの美味しい時期、

夏に行ったら食べてみよう。

石狩エリア 空知エリア

札幌のある石狩エリア。

その東、空知エリア。

石狩平野にあり、農業が盛ん。

旅行でも行きやすいあたり。

石狩エリア

千歳市 1,500トン

江別市 1,100トン

空知エリア

長沼町 1,000トン

岩見沢市 600トン といった感じ。

道内の主要消費地・札幌圏が近く、

鮮度がとても大事なスイートコーンを

出荷するのに良い立地。

渡島エリア 檜山エリア

北海道の南西、渡島半島。

こちらもかなり山がち。

漁業が各地で盛んだが、

海岸沿い・川沿いでは農業も盛ん。

北海道の中では南なのも良い。

太平洋側・森町 1,200トン

日本海側・厚沢部町 1,000トン

こちらも8月ぐらいがピーク。

面する海が違うので、

食べ比べしてみるのもいいかも。

青果として本州へも出荷しやすい。

そんなわけで

大産地の十勝・上川以外にも

各地で作られるスイートコーン。

期間も、初夏から秋口にかけて

けっこう長めに収穫される。

旅行にも良い季節なので、

訪れた場所ごとに、ジューシーな

ご当地スイートコーンを

楽しんでみてはいかがだろうか。

外部リンク

北海道庁

北海道の公式サイト

GoodDay北海道

公式観光情報サイト

統計情報:北海道農政事務所

農作物の統計情報

Google 検索

北海道 スイートコーン産地

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類スイートコーン

タグ: , , ,