日高・胆振エリアのトマト

北海道の名物の一つ、トマト。

札幌から見て南にある日高エリアと

胆振エリアも、トマトの名産地。

北太平洋岸の穏やかな気候の中、

たくさんのトマトが作られている。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類トマト

日高エリアとトマト

日高(ひだか)エリア

北海道・道央・海沿いエリア。

札幌から見て南東。太平洋に面する。

胆振エリアの東隣。斜めな感じ。

十勝とは日高山脈で隔てられる。

競走馬の産地として有名。

海沿いなので漁業も。コンブやサケ、

本シシャモなどが水揚げされる。

穏やかで涼しい気候のなか、

農業も行われている。

日高エリアは、エリア別で

道内トップのトマト生産量を誇る。

全道の1/4を作る平取町があるし、

そりゃまあトップですわな。

平取町のトマト

平取町に比べれば

かなり規模は小さめになるが、

新ひだか町・日高町でも

トマトが作られている。

それぞれ1,300トンほどの生産量。

新ひだか町はミニトマトがメイン。

競走馬の牧場が多く、

馬のフンから出来る堆肥を

畑の健康度を保つために使える。

循環型農業ってやつ。

元気に育ったミニトマトは

「太陽の瞳」の名で出荷される。

日高町もなかなかの量を作る。

合併で飛び地な町、日高町。

トマト大産地・平取町を挟む形。

トマトの出荷も一緒に行っている。

胆振エリアとトマト

胆振(いぶり)エリア

札幌から見て南の方。

北太平洋に面している。

洞爺湖や苫小牧があるあたり。

なかなか山が多い。

港と観光地で、人の往来は多め。

日高エリアは東隣。

海沿いで漁業が盛ん。

和牛も生産されている。

道内でも穏やかな気候で、

色々な野菜が作られている。

野菜生産の多いエリアなので、

当然、トマトも作られている。

エリアの東、むかわ町。

本シシャモで有名ながら、

農業にも力を入れる町。

色々作られていて、ニラや

ホウレンソウ、レタスなどが有名。

メロンもあるぞ。

トマトの生産量もけっこうなもの。

ハウス栽培・桃太郎系が中心。

夏から秋にかけてが出荷時期。

その生産量は2,500トンを超え、

道内でも上位に入る。

トップの平取町は、お隣。

立地的に道外出荷に強く、

関西や首都圏へと送り出される。

胆振エリアの西部も、

野菜産地として広く知られている所。

噴火湾(内浦湾)沿いの

洞爺湖町や伊達市は、

レタスやホウレンソウ、根菜など

農業系名物にたびたび登場する。

穏やかな気候を活用し、

色々な種類の野菜を作っている。

トマトもその一つ。

伊達市で1,300トン、

洞爺湖町で350トン、といった感じ。

種類豊富な野菜が生産されるので、

彩り豊かなトマトサラダが作れる。

有名観光ゾーンでもあるので、

訪れる機会があれば食べてみよう。

外部リンク

JAしずない(新ひだか町)

JAむかわ

JA伊達市

JAとうや湖

地域農業や特産物の紹介

新ひだか観光協会

むかわ町 観光情報

だて観光協会

洞爺湖温泉観光協会

観光やイベントの情報

統計情報:北海道農政事務所

農作物の統計情報

Google 検索

新ひだか町 トマト

むかわ町 トマト

伊達市 トマト

Google Map

胆振・日高の周辺

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類トマト

タグ: , , ,