上川エリアのトマト

北海道の新たな名物、トマト。

夏を中心に生産量も多め。

日高・胆振エリアに続く産地が、

内陸北部にある上川エリア。

美瑛町を筆頭に広く生産されている。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類トマト

上川とトマト

上川(かみかわ)エリア

北海道・道北にある内陸エリア。

札幌から見て北東方向。

旭川や富良野が有名。

北部・中央部・南部に分かれ、

盆地を中心とした農業が盛ん。

作物も気候に合わせ色々作られる。

かなり北にあるがお米も名産地。

たくさんある作物の中には

トマトもあり、生産量も多い。

内陸のため、夏は昼の暑さと

夜の涼しさの差、寒暖差が大きい。

トマトの生育にも良い感じで、

しまった味のトマトとなる。

エリア内の広域で作られ、

合計で12,000トン以上のトマトが

夏を中心に生産されている。

市町村別

ハウストマトで生産を伸ばす

美瑛町がエリアトップの4,500トン。

拡大傾向で約7,000トンが目標。

→ 美瑛町のトマト

あとはざっくり地域別に。

(北部)

名寄盆地を中心とする。

アスパラ・カボチャ・キャベツ・小麦・

ジャガイモなどが多く作られる。

結構寒めだが、トマトも育つ。

羊の町・士別市 470トン

もち米日本一・名寄市 300トン

トマトもほぼ北限・下川町 230トン

(中央部)

上川盆地を中心とする。

ここら辺からお米が作れる。

ソバ・ダイコン・ミツバ・スイカ・

スイートコーン・葉物野菜なども。

黒いスイカが有名・当別町 1,000トン

上川の中心・旭川市 880トン

野菜に注力・東川町 610トン

近郊農業盛ん・鷹栖町 610トン

空港あるぞ・東神楽町 370トン

(南部)

北の国から&ラベンダーな所。

かなりの農業地帯。

お米・タマネギ・ニンジン・ジャガイモ・

メロン・スイカ・カボチャなど色々。

南部の中心・富良野市 2,500トン

お米にこだわる・中富良野町 850トン

ホップと豚肉・上富良野町 220トン

特徴的な所

富良野市のトマト

2,500トンの生産量は、

道内でもけっこう上位に入る。

比較的新しい作物だが、

ハウス物を中心に作付を伸ばす。

特にミニトマトで攻勢を強め、

夏場の産地として活躍する。

種まきや栽培の工夫により、

春から晩秋までロング出荷。

加工品などにも手を広げ、

少し北の美瑛町に迫りたい。

下川町のトマト

北限のトマト産地っぽい。

南国的なイメージだが、

かなり北の下川でも生産は可能。

トマトジュースも作られる。

当麻町のトマト

とうま町、、、、とうまちょ、、とまと。

名前が似てる、気がする。

黒いスイカに黒いカボチャが名産。

どこかに黒いトマトもあるらしいので、

機会があれば作ってもらいたい。

鷹栖町のトマト

「オオカミの桃」という名で

トマトジュースを作っている。

高級ながら人気のある一品。

そんなわけで

上川エリアもなかなかの

トマト産地を形成している。

出荷の中心は夏。

訪れるのにもイイ時期。

生産地も散らばっているので、

トマトで食べ比べ・食べ歩きを

してみるのも良いかも。

スイートコーンと一緒にどうぞ。

外部リンク

JAふらの

JA当麻

JAたいせつ(旭川市・鷹栖町)

JA北はるか(下川町など)

地域農業や特産品の紹介

統計情報:北海道農政事務所

農作物の統計情報

Google 検索

富良野市 トマト

鷹栖町 トマト

下川町 トマト

当麻町 トマト

Google Map

上川エリア周辺

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類トマト

タグ: , , , ,