後志エリアのトマト

札幌の東、後志エリア。

その東部、仁木町・余市町は、

北海道でも有数のフルーツ産地。

古くからトマト栽培にも取り組み、

トマト名産地として知られている。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類トマト

エリア紹介

後志(しりべし)エリア

北海道の西側にあるエリア。

札幌の東、渡島半島の北。

北海道の首の部分、な感じ。

エリアのシンボルは羊蹄山。

山がかなりの面積を占めていて、

交通の便はなかなか悪め。

その分、秘境も多い。

海沿いや川沿いが開発され、

海産物や根菜類、メロン、スイカ、

フルーツなどが特産となっている。

海の青さが特徴の積丹半島、

冬や夏のリゾート地ニセコ周辺は

観光地としても人気がある。

後志のトマト

北海道で作られるたくさんの作物。

その中でも勢いのある作物が、

赤いトマト。

夏トマトの産地として活躍する。

後志でもトマトは栽培され、

7,500トンほどを生産する。

その大部分を生産するのが、

小樽に近い仁木町と余市町。

生産量は3,400トンと2,700トン、

合計すると6,000トンを超える

トマト産地を形成している。

ともに北海道のフルーツ産地として

有名な一帯だが、トマトの生産でも

存在感を見せている。

仁木町のトマト

仁木(にき)町は、

日本海側・内陸な町。

小樽の西。

余市町の上流部にあたる。

余市川沿いでの農業が盛ん。

フルーツ産地として名高く、

サクランボ・ブドウ・プルーン・

リンゴ・西洋ナシなど、

多くの果樹で北海道トップクラス。

野菜系ではトマト、

特にミニトマトの産地として有名。

生産の歴史は古く、

1970年代から続いている。

その経験を形にするのがデータ化。

蓄積された情報を活用し、

畑の土づくりや栽培スケジュールを

効率化し、安定的な生産につなげる。

出荷ルート・販路の形成も

古くからおこなわれてきたため、

7月8月を中心に全国へと出荷される。

ミニトマトは、「もてもてネ」

「もてもてキッキ」など。

中玉のシンディスイート種は

「かぐやひめ」の名で出荷。

ミニトマト・トマトを原料とした

トマトジュースも作られている。

生産面・販売面で安定しているため、

その栽培面積も徐々に増加中。

十分に仁木町農業の柱、

といえる作物になっている。

余市町のトマト

仁木町の川下にあるのが、

余市(よいち)町。

小樽市の西隣。日本海に面する。

日本海での漁業や

余市川の下流・河口部での

農業が行われている。

ウイスキーの地としても有名。

余市の気候は、北海道の中では

温暖な方で、雨も適度にある。

その気候を活用した、

リンゴやサクランボなどの

フルーツ生産が有名で、

仁木町と共に産地を形成する。

こちらでのトマト栽培も

1970年代から長く続いている。

トマトも定着した食材のため、

その好みも様々となっている。

ニーズに応える方法の一つが、

出せる品種や大きさの多様化。

余市町では作るトマトを

大玉・中玉・ミニトマトと幅広くし、

対応力を向上させている。

品種が違えば、土作りや

栽培方法の調整も必要だが、

そこは長年培った経験と

応用力・対応力で何とかする。

余市の寒暖差の大きい気候のもと、

しっかり&甘く育ったトマトたちは、

夏を中心に、6月から10月にわたり、

日本各地へと出荷されている。

余市町でもトマトジュースを作る。

他でも作られてます

後志エリアでのトマト生産は、

仁木町と余市町の二強で

大部分を占めているが、

他でも生産されているので紹介。

小樽市のトマト

港町として有名な小樽市。

仁木町・余市町の並び。

400トンほどと少なめではあるが、

こちらでもトマトを生産している。

小樽にある田中酒造では、

初夏にトマト祭りを開催。

酒造とトマトの組み合わせ。

種類豊富なトマトの他、

ジュースやお菓子、麺類など

加工品も色々と用意される。

タイミングが合えば行ってみると良い。

品種で食べ比べができるチャンス。

蘭越町のトマト

エリアの真ん中ぐらい、

ニセコアンヌプリの南西にある町。

日本でもトップクラスの清流、

尻別川の流域で農業が行われ、

お米の産地としても有名。

トマトの生産と拡大に力を入れる。

800トンほどとまだ少なめだが、

大きなトマト選果場を新設、

その本気具合がうかがえる。

お米も良いけど消費がね、

てことでお米に負けないぐらいの

名産地に成長していきたい。

ニセコ町

リゾート地で知られる町。

こちらでもちょっぴりトマト生産。

だいたい300トン弱ぐらい。

冬だけでなく、夏のアクティブな

リゾートしても人気のあるエリア。

訪れたなら、トマトも食べちゃおう。

外部リンク

JA新おたる(仁木・小樽など広域)

JAよいち

JAようてい(蘭越など羊蹄山周辺)

地域農業や特産物の紹介

統計情報:北海道農政事務所

農作物の統計情報

Google 検索

仁木町 トマト

余市町 トマト

蘭越町 トマト

Google Map

後志エリア周辺

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類トマト

タグ: , , ,