渡島・檜山エリアのトマト

北海道の南西、渡島半島。

かなり山がちながら、川沿いや

河口の土地を使った農業が盛ん。

トマトの生産も行われており、

北斗市と森町がなかなかの生産量。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類トマト

エリア紹介

渡島(おしま)エリア

檜山(ひやま)エリア

北海道の南西部、渡島半島にある

二つのエリア。合わせて

道南として扱われる事も多い。

北海道の入り口・函館市があり

南部から東部にかけてが渡島、

西の日本海側が檜山、となっている。

周囲を海に囲まれ平地も少ないため、

全体的に漁業が盛ん。

たくさんの海産物が水揚げされる。

農業に使える土地も無くはなく、

函館平野をはじめ、山々から流れる

川沿いや河口近くで農業も

行われてきた。

場所柄、北海道の農業的に

始まりの場所ともいえる地域。

渡島半島のトマト

北海道の新しい名物として

勢力を拡大しているトマト。

渡島半島でも生産されている。

全体で6,500トンほどを生産。

北斗市で3,500トン、

森町で2,000トン、と

この二つで大部分を占める。

他に、今金町や知内町、

木古内町などでも作られている。

産地数は少ないけど、

今後増えていくかもね。

北斗市のトマト

津軽海峡に面する北斗(ほくと)市。

函館市の西に隣接している。

市の東部が函館平野の西側で、

農業が盛んに行われてきた。

市の西、茂別地も川沿いが広く

農業が行われる所。

色々な野菜の産地であるが、

トマトの生産量も多く、

3,500トンほどが作られる。

道内でもかなり上位の産地。

基本的に山が海岸近くに迫るため、

耕作可能な場所は少なめ。

そのため、集約的な生産を行う

トマトは場所に合った作物といえる。

市内にいくつかの産地があり、

ハウスの使い方や種まきの

時期などにより、収穫時期を変え、

全体としては6月から11月まで

トマトを生産・出荷している。

北斗市にはトマトの共同選果場も

設置され、効率的な選別と

出荷品質の維持もしっかり行われる。

北斗市で作られたトマトは、

函館エリア広域の農産物ブランド、

「函館育ち」の一員として

日本各地へと出荷されている。

森町のトマト

函館から見て北、森町(もりまち)。

噴火湾の入り口な町であり、

北海道駒ヶ岳のふもとでもある町。

噴火湾での漁業の他、

カボチャやジャガイモ、

スモモ、プルーンなどの農作物も

作られる町。

トマトの生産量も多めで、

2,000トンほどが作られる。

他の道内産地と違う点は、

地球の熱を利用している、ということ。

森町は北海道駒ヶ岳のふもと。

付近は現役の火山地帯であり、

温泉も名物の一つ。

減反の始まった1970年代から

温泉水を利用した加温ハウスと

そのハウスでのトマト栽培がスタート。

1980年代初期には濁川地区に

地下の高温蒸気を利用する

森発電所も建設された。

発電所からの熱水・廃水も

トマト栽培に活用される。

冬はとても寒い北海道ながら、

温泉などの形で地熱を利用することで

冬でも雪や寒さの心配をせずに

トマト生産を行える。

種まきのタイミングは冬と夏。

冬夏は促成・夏冬は抑制、と

育ち方をコントロールしつつ、

ほぼ一年中トマトを出荷する。

連作障害の出やすいトマトなので、

他の作物を間に育てたり、

土の健康状態の維持や管理も

しっかりと行い、名産地として

生産量と出荷品質をキープする。

道内では作りづらい冬春の

トマト産地として強い存在感がある。

森町で作られたトマトも

「函館育ち」トマトとして出荷される。

他にも

渡島半島でのトマト生産は、

北斗市と森町が大部分。

他に、知内・木古内のあたりと、

北の今金でも作られるので、紹介。

知内町・木古内町のトマト

知内(しりうち)町

木古内(きこない)町

函館市・北斗市の並び、

津軽海峡沿岸の中西部にある町。

北斗市から海岸沿いの山裾を

西に向かうとある、少しひらけた所。

こちらも農業が盛んで、

知内といえばニラ産地として有名。

海沿いで雪も少なめのため、

ハウス栽培・トマト生産に有利。

そんなに多くはないが、

400トンほどが作られる。

知内・木古内で共同選果も行い、

質の維持もしっかり。

ニラに続く名物となるか。

こちらも「函館育ち」の一員。

今金町のトマト

今金(いまかね)町。

渡島半島北部、後志エリアと接する。

渡島半島では珍しい内陸だけの町。

まあ日本海も噴火湾も近いけど。

山は多いが、日本海へ流れる

後志利別川などの川沿いが

広く使えるため、農業が盛ん。

川の下流部には、せたな町。

ジャガイモ・男爵イモの名産地。

ハウストマトも作られていて、

特にミニトマトに力を入れる。

生まれが外国の作物、

育ちやすいように各段階での

温度管理をしっかり行う。

内陸の寒暖差も手伝い、

美味しく出来上がる。

出荷のピークは夏。

シーズンで550トンほどを出荷する。

外部リンク

JA新はこだて

北斗・森・知内含むかなり広域のJA

JA今金町

地域農業や特産物の紹介

ようこそ、みなみ北海道へ

道南の広域観光情報

函館国際観光コンベンション協会

函館・南北海道の観光ガイド

統計情報:北海道農政事務所

農作物の統計情報

Google 検索

北斗市 トマト

森町 トマト

知内町 トマト

今金町 トマト

Google Map

渡島半島周辺

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類トマト

タグ: , , , ,