道内他エリアのキュウリ

北海道内のキュウリ産地。

上川・空知の2エリアが中心だが、

他にも道南などに産地は点在。

同じ夏野菜のトマトも作り、

名産地となっている所が多い。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類キュウリ・ピーマン

北海道とキュウリ

日本でのキュウリ生産は、

関東周辺や宮崎、高知などが多い。

鮮度が大事な野菜なので、

大消費地に近い所での生産が有利。

北海道での生産は15,000トンほどで

都道府県別でトップ10後半ぐらい。

初夏から秋にかけ生産され、

道内を中心に出回っている。

道内産地としては、

道北の上川エリアや

道央の空知エリアが多め。

他に、渡島半島南部や

後志エリア、日高エリアにも

キュウリ産地がある。

キュウリ栽培はトマト栽培と

相性がいい様子。

似ている点では、実がなる、

ハウス栽培、夏野菜、

鮮度や見た目が重要、など。

ナス科・ウリ科と植物的に違うので、

連作障害回避にも良いのかも。

渡島半島南部のキュウリ

北斗市のキュウリ

函館市の西隣。函館平野の西側。

野菜生産で結構有名。

施設(ビニールハウス)栽培での

トマト生産量が多い。

キュウリも1,000トンほどを生産。

選果場も新設し、迅速さと

品質維持能力を向上。

本州に近いという立地を活かし、

キュウリを鮮度の高いうちに

本州の消費地に届ける。

七飯町のキュウリ

函館市の北、大沼公園のあるとこ。

函館平野の北側、高原もある。

農作物、ジュンサイ、乳製品と

色々生産されている。

キュウリも400トン弱作る。

森町のキュウリ

函館・七飯の北、

北海道駒ヶ岳のふもとにある町。

噴火湾の入り口にあたる場所。

現役火山の地熱を農業に利用する。

ほぼ年中作られるトマトが有名。

同様にキュウリも地熱を利用、

冬の寒い時期も生産できる。

道内産地からのキュウリ供給が

途切れる時期に存在感を発揮する。

生産量は不明。そのうち聞こう。

日高・後志

平取町のキュウリ

北海道一のトマト産地。

札幌の南東、日高エリアの町。

気候を活かしたトマト栽培が有名。

トマトに比べれば少ないが、

キュウリも500トンほどを生産。

ともに夏野菜、セットでどうぞ。

余市町のキュウリ

札幌の西、後志エリアの町。

仁木町と共に北海道の

フルーツ地帯を形成している。

ミニトマトの生産量も多い。

キュウリも400トン弱の生産量。

消費地の札幌圏も近い。

外部リンク

JA新はこだて(函館周辺広域)

JAびらとり

JAよいち

地域農業や特産物の紹介

統計情報:北海道農政事務所

農作物の統計情報

Google 検索

北斗市 キュウリ

平取町 キュウリ

余市町 キュウリ

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類キュウリ・ピーマン

タグ: , , , ,