上川エリアのピーマン

北海道の北部にある上川エリア。

こちらもかなり農業盛んな場所。

多くの農作物を育てているが、

ピーマンもたくさん作られている。

質と量で道内トップ産地を目指す。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類キュウリ・ピーマン

エリア紹介

上川(かみかわ)エリア

北海道の真ん中~北部に位置する、

内陸の縦長なエリア。

旭川市や富良野市が有名。

北部・中央部・南部それぞれに

盆地が広がり、エリア内の各地で

気候に合わせた農業が盛ん。

また、内陸盆地の昼夜温度差も

作物の美味しさをアップさせる要因。

お米・もち米・小麦・ソバ・

スイートコーン・メロン・スイカなど

色々な農作物が作られている。

その一つが、ピーマン。

北の北のピーマン

上川エリアでは、夏野菜の

ピーマンもたくさん作られる。

エリア全体で1,100トンほどの生産量。

道内エリア別では日高に次ぐ2位。

エリア内では、中央部や南部に

ピーマン産地が形成されている。

以下、ざっくりと紹介。

北の国から、で有名な富良野市が

エリアトップの400トンを生産。

ピーマン産地として成長中で、

共同の選別機も導入し

出荷品質にもこだわる。

エリアの中心、旭川市も

350トンほどを生産する。

定番野菜の一つ、ピーマン。

人口の集中する旭川に

地元からピーマンを供給。

動物園も人気の旭川らしく、袋には

ホッキョクグマのイラストが付く。

旭川市のお隣、東神楽町も

230トンほどを生産する。

近郊型の農業に力を入れる町で、

栽培スペースなど集約化が

可能な野菜のピーマンは、

相性の良い野菜。

旭川市の東部にある東川町。

こちらも200トンほどを生産。

栽培される野菜のバリエーションが

かなり豊富な町で、「東川サラダ」の

名前で活動している。

ピーマンも東川サラダの一員。

一般的なピーマンの他、

サラダに使える品種も生産する。

さらにカラーピーマンも作る。

突出した産地は無いが、

上川エリアで広く作られるピーマン。

さらに栽培面積を拡大し、

道内トップ産地を狙いたい。

夏の上川エリア

夏が中心のピーマン。

トマトやスイートコーン、

スイカにメロン、と夏場な

食べ物もたくさんの上川エリア。

夏は旅行でも人気のある時期。

緑を中心に、色とりどりの広い畑も

観光資源の一つ。

訪れた際には、ピーマンなど

地元な旬食材も食べてみよう。

外部リンク

JAふらの

JAあさひかわ

JA東神楽

JAひがしかわ

上川エリアのピーマン産地なJA

統計情報:北海道農政事務所

農作物の統計情報

Google 検索

ふらの ピーマン

旭川市 ピーマン

東神楽町 ピーマン

東川町 ピーマン

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物果菜類キュウリ・ピーマン

タグ: , , , ,