北海道のリンゴ

寒めな地域のフルーツ・リンゴ。

北海道でもリンゴは作られている。

北海道は現在普及しているリンゴが

日本で初めて栽培された場所。

生産量は少なめだが、道内の西側を

中心に現在も色々な品種を作る。

観光果樹園や直売所が多め。

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物フルーツ

リンゴについて軽く紹介

丸く大きく赤い実、なリンゴ。

バラ科リンゴ属の落葉高木樹で、

その枝になる実が有名。

原産地は北部コーカサス地方らしい。

ヨーロッパとアジアの境目ぐらい。

黒海・カスピ海のあたり。

その栽培の歴史はかなり長く、

4,000年を超えるとかって話。

亜寒帯、温帯、亜熱帯で栽培可能。

暑さに弱い植物のため、

熱帯での栽培は困難。

寒め・涼しめの地域を中心に

世界中に広まり、品種改良が行われ、

全体で7500~1万ほどの品種がある。

その木は春に花が咲く。

色は白やピンク。小さめの花が

たくさん付く感じで、花見にも向く。

球形の果実は秋に熟す。

味は甘酸っぱく、歯応えがある。

中にミツが入っているものもある。

太陽の光をたくさん浴びると、

真っ赤なリンゴになる。

袋をかぶせ、あまり光を

浴びないようにするものもある。

栄養素的には、ビタミンC、ミネラル、

カリウム、食物繊維などが豊富。

リンゴポリフェノールも持っている。

一日一個のリンゴで健康になるとか。

生食がメインだが、ジュースや

ジャムなどの加工品も多く作られる。

お菓子ではアップルパイが有名。

お酒ではシードルやカルヴァドスが

作られている。

リンゴの生産量

世界各地で作られているリンゴの

総生産量は8,000万トンぐらい。

中国がトップで、アメリカ合衆国、

トルコ、ポーランド、インドが続く。

中国が半分近く作っている。

日本は合計で80万トンほど生産。

一時は100万トンを超えたが減少中。

世話が大変、重い、安め、と

なかなか厳しい感じではある。

長野から北海道にかけてが生産地。

北陸や広島など西の方でも少し作る。

主な産地は青森・長野・東北。

青森で半分以上、

長野を足すと7割に達する。

青森県 47万トン

長野県 16万トン

山形県 5万トン

岩手県 5万トン

福島県 2.5万トン

秋田県 2.3万トン

群馬県 9,000トン

北海道 7,500トン

日本でのリンゴの収穫は

9月ごろから11月下旬ぐらい。

ミカンと並んで冬フルーツの定番。

一品種あたり一か月ほどで収穫。

品種が多く、早く採れるものから

遅くに熟すものまで育てられるので、

全体の収穫期間は長め。

しかも保存期間も長いのが、

リンゴの良い所。

高湿度低酸素状態で冷蔵保存を

行うと、長期間の保存が可能。

9カ月ほどいけるらしい。

なので、秋に収穫したリンゴでも、

初夏まで保存と出荷が可能。

産地に行くと、巨大な冷蔵倉庫が

幹線道路沿いによくある。

北海道は上から八番目くらいの位置。

以下、北海道とリンゴについて

ざっくりと紹介。

日本産西洋リンゴのスタート地点

北海道で栽培が始められた

農作物というのはかなり多い。

セイヨウリンゴもその一つ。

明治元年・1868にドイツ人の

ガルトネルが北海道に植えたのが、

日本で最初とのこと。

その後、明治4年・1871年には

アメリカから苗木をたくさん導入。

七重村(現七飯町)の七重官園に

植栽された。

なんやかんやあって、日本リンゴの

主産地は青森県に移っていくが、

北海道での栽培経験は

大きく活かされた。

そして今でも北海道では

リンゴは作られている。

現在の北海道での生産

北海道でのリンゴ栽培面積は

だいたい950haほど。

リンゴ狩りの出来る果樹園や

隣接する直売所での販売が

半分ほどを占めるとのこと。

大きく重くお手軽値段なので、

東京などの遠方消費地まで

出荷をするのは少し大変。

北海道でも収穫は9月頃からスタート。

品種を交代しつつ11月下旬まで続く。

本州のリンゴ産地と比較すると、

育てられる品種が多めらしい。

観光果樹園や直売所が多いと、

品種が色々あった方が良いしね。

あとは気候も関係あるんでしょか。

よく分かりませんけど。

北海道で育てられる品種は

色々あるが収穫が早い順に

マオイ、きたかみ、さんさ、つがる、

あかね、あさひ、ノースクイーン、

レッドゴールド、ひめかみ、

スターキング・デリシャス、こうりん、

紅将軍、ニュージョナゴールド、

きたろう、ハックナイン、北斗、

ふじ、王林 などがある。

生産量は、定番の「ふじ」が多い。

道内の産地としては、

中央~西側がほとんどを占める。

他のフルーツでも登場する

余市町・仁木町・七飯町などが

大きなリンゴ産地を形成している。

続いて、道内各産地の紹介へ。

市町村別

北にある北海道だが、

フルーツもまあまあ作る。

道内のフルーツ産地の多くで、

リンゴも生産している感じ。

各地に観光農園や直売所がある。

リンゴ収穫時期は秋。

秋といえばグルメと行楽のシーズン。

そんなわけで、

時期がかぶりそうなイベントも紹介。

余市町

北海道のフルーツ産地として有名。

リンゴも道内トップの面積。

「よいち大好きフェスティバル」

9月に開催される、初秋の収穫祭。

リンゴの他、ブドウ・ナシ・プルーンや

日本海の水産物、ウイスキーや

ワインなどが並ぶ。

ダンスや演奏など催し物も色々。

仁木町

余市の内陸側、フルーツ産地。

道内二位タイのリンゴ栽培面積。

「うまいもんじゃ祭り」

10月に開催。

リンゴやブドウなどの季節もの多数。

加工品もあるよ。くだもの競技大会、

ゲームや若鮎太鼓、阿波踊り、

ヨサコイソーラン披露なども。

七飯町

道内二位タイの栽培面積。

北海道リンゴのスタート地点。

今も生産量される量は多く、

函館付近ではココに集中している。

「たむらりんご」というのがある。

リンゴとナシの交配品種で、

この町にだけ存在するらしい。レア。

リンゴの時期のイベントは、

「環駒 秋の味覚市」や

「はこだてグルメサーカス」など。

深川市

空知エリアから登場。

リンゴ的にもかなり北。10月に

「稔りの秋in道の駅ライスランドふかがわ大収穫祭」、

「ふかがわアップルフェスタ」を開催。

リンゴやお米など、秋の味覚を楽しめる。

滝川市

「りんご&ドライ」という

ビール系の飲料がある。

「江部乙りんご」てのもあるらしい。

イベントは「そらちワイン×ワイン」。

リンゴも一緒にどうぞ。

増毛町

甘エビとフルーツ産地の増毛。

北にあるが、フルーツ産地であり、

リンゴも作られている。

産地としては最北かななあたり?

「増毛秋の味まつり」が開催される。

海の幸・山の幸なイベント。

良いもの食べるのは、髪にも

好影響があると思われます。

壮瞥町

洞爺湖の近く。

「そうべつ果物村」という

観光農園が集中する場所がある。

秋には「そうべつりんごまつり」も

開催される。リンゴ詰め放題が人気。

旭川市

道北の大都市・旭川でも

リンゴが作られる。

観光農園・地元消費メインかな?

「北の恵み 食べマルシェ」は、

リンゴは出始めの時期かも。

長沼町

リンゴ狩りが出来る農園あり。

札幌から近め。

名物のジンギスカンを食べたら、

デザートにはリンゴでさっぱりと。

岩見沢市

観光果樹園あり。

「毛陽・万美紅葉まつり」

元はリンゴ祭り。10月に開催。

当然ながらリンゴが大活躍する。

札幌市

昔はちょっと作っていて

「平岸リンゴ」というブランドだったが、

都市化が進行したことで消滅。

その縁というかなんというか、

豊平区役所近くの道路の

中央分離帯にリンゴ並木があり、

秋には実った姿が見られる。

できたリンゴは、市のイベントなどで

配布されるとのこと。

長野県飯田市のリンゴ並木を

参考に始まったらしい。

道内のリンゴなお菓子

リンゴは生だけでなく、

その甘さを活かしたお菓子も

色々と作られるフルーツ。

お菓子店などをいくつか紹介。

お菓子のほんだ(砂川市)

空知エリアで活動するお店。

リンゴを使ったお菓子に力を入れる。

アップルパイ系を中心に、

ブラウニーやクッキーサンドなどもある。

壺屋(旭川市)

「ゴールデンアップル・カムイ」

バウムクーヘンの中心にリンゴ。。

一度で二つのおいしさ、な感じ

洋菓子&銘菓 ナカヤ(砂川市)

かぐらじゅ(札幌市・東区)

アップルパイが人気のお店。

ほかにも色々あるのでしょう。

気が向いたら追記。

リンゴジュースやジャムなども

各産地で作ってそう。

農協のサイトなどを

見て回ってくださいな。

まとめのようなもの

北海道でもリンゴ作ってますよ。

現在日本で普及しているリンゴの

スタート地点といえるのが北海道。

生産量の点では、青森や

長野などには及ばないが、

北海道のおかげで今の普及が

あるといえる部分は多い。

道内の西側に産地が点在し、

生産が続けられている。

北海道向けの品種改良も行われる。

秋のイベントでも、主役級として

他の秋食材たちとともに活躍。

観光農園も多いので、

秋の旅行で寄ってみるのも良さげ。

加工品やお菓子も作られる。

お土産や通販の選択肢にどうぞ。

外部リンク

道内リンゴ産地のJA

JAよいち

JA新おたる

JA新はこだて

JA南るもい

JAとうや湖

観光情報

余市観光協会

仁木町観光協会

大沼っぷ

増毛観光情報局

そうべつくだもの村

そうべつ観光協会

お店とか

お菓子のほんだ

壺屋オンラインショップ

かぐらじゅ

なかや-砂川観光協会

Google 検索

北海道 りんご

名物一覧での現在地
北海道の名物農産物フルーツ

タグ: , , , , ,