種類別 カブ

丸くて白い野菜、蕪・カブ。

日本では古くから栽培されてきた。

ダイコンと並び、冬場の野菜として

身近かつ重要な食材だった。

アジア系とヨーロッパ系に分かれ、

さらに各地で定着した地方品種が

たくさんある。根も葉も食べられる。

カブ関連

カブと日本

古くから日本で食用に栽培

仲間野菜の多さも特徴的

カブの栽培と産地

涼しい気候が育成に良い

千葉や埼玉、青森などが主産地

カブの栄養と料理

根と葉では栄養が違う

生と加熱では食感も大きく違う

カブの系統と個々の違い

アジア系統とヨーロッパ系統

カブの中でも差は色々ある

カブの地方品種

地方品種の数もかなり多い

各地で定着した品種が今も残る

産地

千葉県のカブ

埼玉県のカブ

青森県のカブ