銘柄豚

日本の食を支える北海道。

食肉で大きな割合を占める

豚肉の生産も多い。

各地で衛生面や飼料、飼い方など

こだわりを持った養豚が行われる。

SPF豚

指定された病原体をもっていない豚。

高いレベルの衛生管理が必要となる。

浅野農場産SPF豚(当別町)

サクセス森のSPF豚(森町)

道南アグロひこま豚(森町)

十勝清水産SPF豚(清水町)

豊浦SPF豚(豊浦町)

中多寄農場SPF豚(士別市)

名寄鈴木ビビッドファームSPF豚(名寄市)

富良野産SPF豚(富良野市)

芽室産SPF豚(芽室町)

山中クリーンポーク(長沼町)

放牧豚

自然の中を動き回ることにより

健康で足腰も丈夫な豚に育つ。

大樹じゃがポーク(大樹町)

どろぶた(帯広市)

大草原の放牧豚(鹿追町)

蝦夷豚(幕別町)

厚真の放牧豚(厚真町)

養生農園の放牧豚(当麻町)

斜里山麓豚(斜里町)

黒豚

その美味しさで有名な黒豚も

数は少ないながら育てられている。

当別産黒豚(当別町)

十勝黒豚(帯広市)

函館男爵黒豚(函館市)

びらとり黒豚(平取町)

こだわり豚

飼料や管理体制を中心に

独自のこだわりを持つ

かみふらの豊味豚(上富良野町)

釧路たっこぶ海藻ポーク(釧路町)

サチク赤豚・サチク麦王(斜里町)

サロマ豚(佐呂間町)

樽前湧水豚(苫小牧市)

十勝野ポーク(帯広市)

なかしべつミルキーポーク(中標津町)

若松ポークマン(北檜山町)