キノコ

北海道はキノコの産地もいろいろ。

特徴的なのはタモギタケ。

北海道内では知名度が高く、

生産量でも国内トップとなっている。

他に、シイタケやエノキタケ、

ナメコなどの生産量も多めな感じ。

大手キノコメーカーの工場があり、

マイタケ・ブナシメジ・エリンギの

生産も行われている。

キノコ 種類別

北海道のタモギタケ

明るい黄色の傘が特徴。

生える木の種類的に北海道が合うらしく、

北海道では結構一般的な食材。

北海道のシイタケ

メジャーなキノコの一つ。

北海道でも菌床栽培が主流だが、

原木栽培も継続して行われている。

北海道のエノキタケ

道北にある愛別町が群を抜いて多い。

エノキっぽくてちょっと違うのも作っている。

北海道のナメコ

キノコの中でもツルリ感は随一。

愛別町や和寒町で生産が多め。

北海道のマイタケ

北海道のブナシメジ

北海道のエリンギ

大手キノコメーカーのホクトが

苫小牧に工場を持っているため

生産量が多くなった。