ナガイモ・ユリ根

北海道はナガイモのシェアも高く、

全国の4割ほどを生産。

青森県と双璧をなす存在。

大部分が十勝エリアで生産される。

輪作作物として生産を伸ばす。

ユリ根のシェアは、

北海道が98%とほぼ独占。

逆に残りの2%が気になるところ。

真狩村が産地として有名。

関西圏を中心に出荷される。

ナガイモ 道内の主な産地

帯広市のナガイモ

生産日本一っぽい ブランドが二つ

芽室町のナガイモ

安全性を大事に 帯広と一緒に出荷

幕別町のナガイモ

独自品種もある 帯広と一緒に出荷

音更町のナガイモ

ここも十勝 なかなかの生産量

大空町のナガイモ

オホーツクエリアもナガイモ産地

池田町のネバリスター

ナガイモの改良種 粘りが強い

洞爺湖町のナガイモ

火山エリアはナガイモ栽培に向く

ユリ根 道内の主な産地

真狩村のユリ根

全体の3割を生産する大産地

乙部町のユリ根

海産物と共に町の名物

奈井江町のユリ根

石狩川沿い米産地 ユリ根も名物

芦別市のユリ根

元・石炭の町の白いユリ根

芽室町のユリ根

輪作に強い土地柄 輸出にも挑戦

幕別町のユリ根

南部・忠類のベテラン作物