カボチャ

南の瓜と書いて、カボチャ。

保存性が高く、冬の野菜として

昔から食べられてきた。

野菜ながら、かなりの甘さを持ち、

お菓子の原料としても活躍している。

ハロウィンでもおなじみ。

色々な農作物で一位の北海道。

カボチャでもトップ産地となっていて、

全国の生産量の6割を占めるほど。

道内のかなり広範囲で生産され、

道北・上川エリアでの生産量が

特に大きな割合を占める。

道内カボチャ産地

和寒町のカボチャ

面積&量で日本一の産地

名寄市のカボチャ

和寒に負けずたくさん作る

美深町のカボチャ

かなり北だが堂々の3位

上川エリアのカボチャ

北部と共に南部でも生産が多い

オホーツクエリアのカボチャ

寒さに強い性質を活かし生産

十勝エリアのカボチャ

芽室が牽引 広範囲で生産

胆振エリアのカボチャ

4位の大産地むかわ町を抱える

道内他エリアのカボチャ

留萌・空知・石狩・後志・渡島半島と

道央道南にかけても広く栽培される

大浜みやこかぼちゃ

札幌市・手稲区の特産

まさかり岩男かぼちゃ

士別市、マサカリカボチャ派生

らいでんかぼちゃ

共和町、らいでんシリーズの一員

黒王かぼちゃ

当麻町、黒さと形が特徴